Q&A

よくあるご質問

 

HOMEQ&A素朴な質問>諸費用について

諸費用について

□総予算を考える際の目安になるよう諸費用をまとめてみました。
 単純に計算すると工事の1割〜2割程度の現金が必要となります。
 ※シンクスタジオに依頼の際はくわしく説明させていただきます。
  中には自分でできる事やコストを下げる方法もあります。

1.工事に関する諸費用

[確認申請・完了検査申請手数料]  
建物の規模により異なりますが、確認申請、中間検査、
完了検査の合計です
10万程度〜
(階数、床面積よる)
[地質調査費]  
地盤の状況を把握するために行います 3万〜5万(スウエーデン式サウンディング試験の場合)
RC造や地下室がある場合はボーリング試験が必要です。(40〜80万)
[工事契約印紙代]  
工事契約書に添付します 1.5万(工事金額1500万から5000万までの場合)
[地鎮祭]  
工事を始める前にその土地の神(氏神)を鎮め、
工事の無事と建物の安全や繁栄を祈ります。
玉串料(神主へのお礼)
→3万〜4万程度
[上棟式]  
工事をしてもらう大工さんにご祝儀を渡したり、
お弁当を出したりします。
お気持ちです。3万〜4万程度


 

2.ローンに関する諸費用

[ローン契約印紙代]  
ローン契約書に添付します 1.5万(ローン金額500万から5000万の場合)
[融資手数料]  
融資を受ける金融機関への手数料です 3万程度(ローン金額500万から5000万の場合)
[抵当権設定登記]  
金融機関から不動産を担保にして融資を受ける場合に
必要となる登記にかかる費用です

登録免許税→ローン金額の0.4%

司法書士の報酬→5万程度
[保証料]  
融資のための信用保証料
35年ローンとしてローン金額の2%程度(借入期間による)
[団体生命保険料]  
融資契約者が死亡した場合の生命保険料
ローン金額の0.3%
(1年毎)
[火災保険]  
融資のための火災保険料
35年として一般的に
工事費の2%程度

(保険の内容と保険期間による)

 

3.完成、入居後に関する諸費用

[表示登記] 登録免許税→
土地家屋調査士の報酬

 
[所有権保存登記] 登録免許税→
司法書士の報酬

 
[その他税金]  
固定資産税・都市計画税などがあります。
 

 

 

4.その他必要な別途費用

[水道加入金]  
あらたに水道を引き込むための権利金。

各自治体、引き込み口径により異なります。
[近隣挨拶費] 粗品をもって挨拶に行きます。
   
[耐久消費財等]  
電化製品、家具、カーテンなどの購入費用です。  
[ケーブルTV等]  
電波受信状況により異なりますが、ケーブルTV、
CSの場合、工事費の他に加入金、視聴料が必要です。 
 
[引越し費用]  
距離、荷物の量により異なります 10~20万円程度



リノベーション特別サイト

△Page Top

Copyright syncstudio, All Rights Reserved.