Q&A

よくあるご質問

 

HOMEQ&A設計監理のこと

Q. 設計料とは何に対しての費用ですか?

A. 主として「図面作成費、見積もり調整費、工事監理費」です。 
基本設計、実施設計などのプラン作成とそれを創造する能力が図面作成費、
工務店の出す見積もりのチェックや調整が見積り調整費、
工事中の建物が図面通り工事されているかをチェックするのが工事監理費
となります。

Q. 設計期間、工事期間はどれくらいかかりますか?

A. 新築の場合、設計半年、工期半年くらいです。
あくまでも新築住宅の場合の目安です。マンションのリノベーションだと
設計から竣工までが約半年程度になります。
一生に何度もないことです。じっくり取り組む事をお勧めします。

Q. 監理を省いて図面だけ書いてもらう事はできますか?

A. 私達は良い建物を創る事を理念に置いています。監理は絶対不可欠です。
監理についてはこちらをご覧下さい。
設計事務所は図面書き屋さんではありません。いくら図面を書いても、監理
ができないといい建物になるわけがありません。よって監理を伴わない設計
はお断りしています。

Q. 工事に入ってからの変更は可能ですか?

A. できないわけではありませんが、最小限にしたいです。
工事が始まると、既に部材の発注を終わらせていることもあり大きな変更は
困難です。それでも変更したい場合は工事業者から別料金を請求されること
になります。無駄なお金が掛かるだけでなく、工事も伸びます。
ですから設計の段階で十分に話し合って、出戻りをなくす事が必要です。

Q. 工事中は現場の職人さんと直接話すのですか?

A. 設計期間と同様に、建築主の代理人である私達と話して下さい。
工事は私達が施主の代理人として現場をチェックします。現場で気になるこ
とが出て来たらまずは私達に相談して下さい。私の家だからと現場で直接工
事業者に変更するよう頼む方がいますが、窓口が何ヶ所もあると現場が混乱
します。必ず私達を窓口にして下さい。

Q. 完成後も相談にのってくれるのですか?

A. もちろんです。
私達のつくる建築は一品入魂、愛情と情熱を込めて創っています。人と同様、
建物も歳をとって行きます。いつか修理が必要になることもあります。私達
にとって建築は愛情を込めた子供のような物です。
10年後20年後も末永くおつきあいさせて下さい。