HOMEリノベーション特集

リノベーション特集

マンションリノベーションのすすめ

 

まずは物件調査から

マンションのリノベーションはまずは物件の調査から始まります。構造体、
設備配管、電気設備等、調べる事は沢山あります。物件によってできることと
できないことが、調査によりはっきりします。
最近は古いマンションを購入して、リノベーションされる方が増えて来て
いますが、できれば購入する前に設計者を同伴して物件調査をする事を
お薦めします。

 

管理組合

それぞれのマンションには工事の規則が決まっています。
たとえば、無垢のフローリングを禁止していたり、床暖房が施工できない
マンションもあります。

管理組合によって、ルールが厳しいマンションもありますので注意が必要
です。 買ってから「こんなはずじゃなかった・・・」とならない為にも
十分な事前調査が必要です。

 

無駄なリフォームを防ぐ

マンションの築年数が古い物件には、専有部分内の設備配管が寿命に近い
場合があります。 一口に設備配管といっても、塩ビ管や塩ビコーティング
鋼管、白ガス管などそれぞれに耐久性が違います。

新築時から一度も専有部分の配管を取り替えしてない場合は、表層だけの
リフォームだけではなく、 眼には見えない場所ですが、設備配管の寿命に
応じた配管更新をお薦めします。

手を抜くと、リフォームしたばっかりなのに、設備配管更新の為だけの、
無駄なリフォームを発生させることもありえますよ。

 

こだわりのオリジナルリノベーション

複数人数と建物を共有しているマンション特有のルールをきちんと押えれば、
あとは自由にオリジナルの空間が作る事ができます。

料理教室が出来る家や、防音工事をして趣味の楽器が出来る家など、今までの
マンションでは出来なかった様々なことができるようになります。

可能性は無限です。

シンクスタジオと一緒に「あなただけのリノベーション」を試してみませんか?