「モンガタのイエ」-外部仕上げ工事-

龍川です。

先日、「モンガタのイエ」の外部仕上げ工事を確認してきました。

まず屋根はガルバリウム鋼板竪ハゼ葺きです。立ち上がったハゼの部分で板金を次いでいるため、勾配が緩くても雨仕舞い的には安心です。

次に外壁です。

今回、「モンガタのイエ」では2種類の外壁を使い分けています。

目につきやすく、メンテナンスが容易な1F部分には焼き杉板を採用しています。

風合いがあり、クライアントご家族にあった温かみを感じさせてくれる外壁です。

コーナー部分も大工さんの相談して綺麗に納めてもらっています。

 

2F部分はサイディング張りの上に、弾性リシン吹き付けを採用しています。

将来的なメンテナンスを考え、ひび割れのしにくい弾性の骨材の入った塗装材です。

少しつぶつぶの骨材が入っており、色も焦げ茶色で汚れが目立ちにくく、落ち着いた温かい印象になります。

こちらは外観のアクセントになる木製ルーバーです。

少し塗りムラが出来ていたので、後で職人さんに上塗りをお願いしておきました!

 

コメントは受け付けていません。