門真市寺院改修工事 -下地施工・断熱工事-

龍川です。

門真市寺院改修工事の現場監理に行ってきました。

現在、下地工事及び断熱工事の真っただ中です。

今回、断熱性能を上げるために、床壁天井に断熱材新たに充填しています。

壁の断熱材には、壁厚によりグラスウールとスタイロフォームを使い分けています。

既存壁が土壁のため、土壁を剥がすと、改修しない側の部屋の仕上げを壊してしまうため、中座敷との境界部分などは内部にグラスウール充填できないので、スタイロフォームを充填しています。

スタイロフォームの方が高価ですが、断熱性能が高いので、厚みを薄くでき、

その分、グラスウールに比べて、室内の有効寸法が広く確保できます。

窓ガラスもペアガラスに替え、以前と比べると格段に断熱性能がアップしました!

コメントは受け付けていません。