地下工事

昨年末の怒濤のシンクスタジオ現場の状況です。








地下壁の型枠工事から1階スラブ型枠までを起こします。
敷地の形状がそのまま表れたシャープなエッジになります。




地下型枠の状況です。
建築好きの人にとっては「現場萌え〜」な現場です(^-^)
打ち込み時には設計者自らツツキ、タタキを率先して行います。

階段の開口と、4層吹き抜けの開口が大きく穴をあけています。
なんとか目標の年内地下工事完成を果たすことが出来ました。



次は念願の鉄骨建方工事に続きます。

コメントは受け付けていません。