解体工事

杉本です。
宝塚のマンションリノベーションの現場です。



解体工事が順調に進んでいます。
今回は壁式構造の為、コンクリート躯体の撤去できない部分を把握するため、先行して解体をすすめています。
当然のことながら、建物の詳細図面を入手し計画を進めているのですが、現場と図面がちがうこともしばしばあります。
特に設備の配管関係は要注意です。



今回はシビアな計画の為、念には念を入れ慎重に進めて行きます。
解体後の実際の寸法を再度図面化し、提案の微修正を行いました。

これで安心して前に進めます。

コメントは受け付けていません。