「宝塚のライトコートハウス」屋根工事完了

杉本です。

暑い夏ももう終わりですね。
今年は雨が多く、現場の進捗も大きく影響を受けました。。。
台風シーズンに入りますが、長雨は適度にしておいてもらいたいものです。

今回は「宝塚のライトコートハウス」の現場です。
袋小路の奥の敷地での、二世帯住宅の建て替えのプロジェクトです。
屋根工事が終わったということで現場チェックに行ってきました。

ビルトインガレージ のある二世帯住宅のため、敷地いっぱいに建っています。
一階の大きな開口部がガレージ。
二階の横長の連窓は、テラスに設けたガラスのスクリーン。

屋根の上からの写真。

2層吹き抜けのコートハウスです。
子世帯の二階に広めのテラスをとっています。

法的に厳しい規制のかかる地域のため、高度斜線に掛からないように計算から導かれた形状が、建物を複雑に面白くしてくれています。

天気が良かったので敷地近くにある村野藤吾設計の「宝塚の教会」を久しぶりに訪問。

「宝塚寿楽荘の家」の外壁はこの教会と同じようなドイツ壁。
10年振りくらいに訪れましたが、何度見ても迫力の曲線美。

村野藤吾の後期の艶感に溢れた建物です。
熟成の経験値がおりなす神の領域。。。お腹いっぱいです笑

ここから現場は急ピッチに進んでいきます。