Best of Houzz 2022のダブル受賞!

杉本です。
昨日、毎年恒例のBest of Houzzの発表がありました。
今年はシンクスタジオは「デザイン賞」と「サービス賞」のダブルで受賞させていただきました!

デザイン賞は毎年いただいていますが、サービス賞ははじめての受賞です。レビューやプロジェクトなど、頑張った甲斐がありました!
近頃Houzz経由でお問い合わせいただく物件も多くなってきています。

houzzに登録されているプロの方へのアドバイス記事にも取り上げて頂きました笑

全てはレビューをご協力いただいているクライアントの皆様のおかげです!
これを励みにさらにお仕事がんばります!
houzzの皆様、貴重な賞をありがとうございます!

コンクリート塀

こんにちは、宮田です

宝塚のライトコートハウスではアプローチ部分の塀を

鉄筋コンクリート造の塀にしました。

クライアントの要望もあって
浮造りの杉板型枠で施工しています。
上部の斜めもクライアントのアイデアです。

インターホン部分は埋め込んで
ステンレスヘアラインのカバーを取付けています。

杉板型枠コンクリート

コンクリートの質感と
木目の陰影が強調された存在感のある
塀になったのではないでしょうか。

RESORT BOX IMAZATO 竣工

杉本です。
大阪市生野区中川に、企画の段階からクライアントとじっくりと話し合って二年がかりで作ったガレージオフィスがついに完成しました。
大阪市内でもよく見られるガレージオフィス。
小規模の建築関係の事務所など、特に車を利用する業態においては需要が多く、どこも満室になっています。
ただ景観的には決して褒められないものが多く、街並みを少しでもよくできるようにとクライアントと検討を重ねました。
既存のガレージオフィスとは差別化を図るため、設備や照明なども工夫を凝らせて頂きました。

撮影はアトリエワン・今西さんです。
今回は二日間の撮影で、動画もお願いしました。

お洒落なスペースで働くことで、仕事へのモチベーション、会社と地域への誇りを持っていただける、そんな場所になればいいなと思います。

クライアントと二人三脚で作り上げたリゾートボックス 。
シリーズ化して既に2店舗目の計画も進んでいます。
引き続き大阪の街並みを元気にするような建物にしていきたいと思います!

海老江の家 -地鎮祭-

龍川です。

新年、あけましておめでとうございます。

新年明けて、いよいよ「海老江の家」が地鎮祭を迎えました。

0102030405

地盤調査でも特に問題無く、天候にも恵まれて現場がスムーズに始まり一安心です。

地鎮祭と一緒に設計GL(地盤面の高さ)確認と縄張(建物配置)確認も行いました。

設計GLと建物配置の確認は基本的に図面と照合するだけなので一見簡単そうですが、

間違えると後戻りできない大事な作業です。

なのでいつも現場でお施主さんと一緒に確認して頂くようにしています。

設計GLは高すぎても、低すぎてもいけません。

まわりの敷地の状況や道路状況を考慮して、最適な高さに設定します。

配置もどこを基準の寸法にするか。どこの線と平行に建物の設定するかなど決めます。

建物は大きいので角度が1度違うだけで、何cmも何十cmも配置がズレてしまいます。

設計で慎重に確認するべき事項の1つですね。

設計GLと配置ともに無事確認でき、いよいよ工事スタートです。

まだまだ寒さの厳しい毎日ですが、これから現場監理を頑張って行きたいと思います。

2022 新年のご挨拶

杉本です。
2022年新年あけましておめでとうございます。
シンクスタジオ本日より業務開始しております。

毎年恒例の今年の年賀状です笑

今年は2022を人文字でやってみましたが、複数のかたから「そっくりですね!どちらが杉本さんの弟さんですか?」といったご指摘を受けましたが、実は人数合わせで私が2回登場しています笑

子供達も大きくなりました。上の清太朗は今年中学生。
そろそろ背も抜かれる頃ですね。
下の唯は今年で5年生。
クラスの女子でも一番背が高いので、すっかり女の子になってきました。

シンクスタジオに依頼を下さったお客様に、「なぜ数ある設計事務所のなかから、シンクスタジオにしたのですか?」と尋ねると、ほぼ100%「沢山設計事務所を調べた上で、デザインももちろんだが、シンクスタジオのアットホームなところが一番魅力を感じた。」というお返事を頂きます。

私自身、もし自分が設計を依頼するがわだったら、設計の能力はもちろん必要ですが、なによりも設計者自身のパーソナリティを大事にすると思います。
ですので常日頃から、ブログや年賀状でシンクスタジオのスタッフ、私の家族とその雰囲気を知ってもらいたいと思っています。
子供たちがいつまで一緒に写真を撮ってくれるかわかりませんが笑

今年のお正月は家族とスキージャム勝山にスノーボードに行ってきました。
私はなんと20年ぶりのスキー場です笑

子供たちに、私が親にしてもらったように雪遊びを教えたかったから、20年ぶりに老体に鞭を打ちました笑
実際の先生は、これが私の本当の弟2歳年下のたけしさん(まったく似てません笑)
弟はもとは私と同じ建築設計で、今は自分でブランドを作ってカバンをデザイン、販売をしています。
アウトドアブランドでデザインをしていた彼は、アウトドア遊びの達人です。

なぜか兄弟揃ってアウトドアが好きで、デザインの仕事になりました。
きっと外遊びとものづくりの好きな父親の影響なのでしょうね。

こういった家族とスタッフの一面をみてもらうことが、カッコいい一枚の竣工写真よりもシンクスタジオをより理解していただけると思うのです。

今年もクライアントの幸せのため、側にいてくれる大切な人達のために、より良い建物を創り上げていこうと思います。

2022年もシンクスタジオをどうぞよろしくお願い致します!!!