模型の大切さ

杉本です。

関西はほとんど雨が降ってない状況で梅雨入り、そしてまた降らずに梅雨明けとなりました。今年は記憶にないくらい雨の降らない梅雨となりましたね。
カラ梅雨が明けて更にピーカンの常夏。6月でこの気温は先が思いやられますね。。。

さて、本日は前回お話に上げた模型の話を少し。

シンクスタジオでは建物を計画していく上で、模型を大切な検討手段としています。

プランを作る前に、まずは敷地周辺建物まで作り込んだ1/100の縮尺の周辺模型を作ります。敷地の状況をまずは机の上に再現するイメージです。

初めから面白いプランではなくて、まずは要望を満たしたなんの変哲もないオーソドックスなプランを作ります。これがまずは建物の規模感を掴むための作業です。

周辺状況と建物サイズ感を掴んだ上で、ここからが本番。
あーでもないこーでもないとプランをいくつも練っていきます。それぞれにボリューム模型を作って、その案の良いところ悪いところを出し切ります。

1軒の住宅でもこの作業を初期の段階で徹底的に数を出します。
それによって、初めからこれが答えだろうなという案以外の可能性を検討することで、その敷地の持っている本当のポテンシャルが見えてくるという訳です。

答えがなんとなくわかっていても、それ以外のプランを作ってみるというのがミソです。

施主に見せることのない没案をいくつ作れるか。
地味で大変な作業ですが、これをするとしないとでは最終の案の強さが変わってきます。

そのためにこの模型作業というのが最も大切な検討ツールになります。
住人の目線で建物を検討するのはもちろん、前面道路の目線の高さに合わせて通りを歩く人の目線で、時には隣の家の人の目線、はたまた向かいの建物からの目線で。

これを行う上で最も適したツールが模型なのです。

2次元ではなくあくまで3次元で物事を考える。
これと決めつけずに、他の可能性も考えてみる。

クライアントにお見せするのは、これを乗り越えてきた案のみ。

没案は誰にもお見せすることはありませんが、ここをきっちりやることが「設計だけ」を本職とする私たちの職能であると考えます。
良い案に出会うために沢山の没模型を作ること。もっとも手間がかかるけれども一番早道の方法なのです。

那智勝浦町 高津気の家 -検討パース-

杉本です。
関西もついに梅雨入りしたようですね。
天気予報も来週は曇りと雨マークが続きます。

雨で困るのはやはり車運転での現場監理です。
特に和歌山の太平洋側は雨がきついのなんの。。。
道中日本で有数の降水量を誇る大台ヶ原、尾鷲なども通りますので、往復600キロ気をつけて運転せねばなりません。。。

さて、来週現場監理予定の現在和歌山県那智勝浦で現場進行中の『高津気の家』の検討パースです。担当木野の作図パースです。

シンクスタジオでは昨年末にパソコンとCADソフトを新しいものに入れ替えて、半年かけて徐々に乗り換えを進めています。その新しいソフトで作成しているCG。以前のソフトと比べると描画力が格段にあがっています。

特に夜景、照明、植栽点景の表現が際立って綺麗に描けるようになりました。
かといって、素早く簡単に描けるわけではありません。。。担当の努力の賜物ですね。

クライアントからよく聞かれる質問に「今時はやはりすべてパソコン、3Dパースで検討するのですか?」というご質問があります。

素材感や色の検討には3Dパースが優れていますが、建物のボリュームや空間構成を検討するのはいまだに模型の方が使い勝手が良く、結局のところ両方作らないといけません。

模型では、敷地周辺の建物との距離感、道路・近隣からの視線やプライバシー、なによりも敷地に対して建物の配置の空気感など。二次元の画面ではわからない多くのことを模型は教えてくれます。

3Dパースはボリュームを更に綺麗に際立たせるために、どのような素材・色使いをすればよりよくなるのか、日差しの差し込み方や照明のあてかた、そのパターンを検討する際に有効な検討手段だと思います。

次回は模型についてブログを書いてみようと思います。

海老江の家 -軒裏工事-

杉本です。
気づけば六月も中盤。大阪もそろそろ梅雨入りでしょうか。。。

海老江の家は順調に外壁の工事が終わり、足場も取れて次は内部の仕上げ工事が始まります。外壁はガルバリウム鋼板の一文字張り。
高さを三種類使い分けして、凝った表現にしています。

なかなか迫力あるボリュームになりました。
軒裏のレッドシダーもいい感じに仕上がってきました。
建物内部までレッドシダー仕上げが続いていきます。

仕上げ工事を進めると同時に、内部ではついにインナーテラスの水盤の工事が始まります。
水盤は設計者・施工者が時間をかけて知恵を出し合って進めてきた工事ですので、今から出来上がりが楽しみです!