お正月休みの過ごし方

杉本です。

2020年のお正月休みは2日、3日と滋賀県高島の別荘でゆっくりしてきました。
今年の冬は暖冬で雪がなく雪遊びができなかったので、子供たちとスケボーで遊びました。

緩やかな坂なのでスノボの練習にちょうどいい感じです。

スケボーのダウンヒル。こんな感じです。
子供ってすぐに吸収するので見てて羨ましいです。

ちなみにアップヒル笑
くだりは楽しいですが、登りは二人とも疲れて登ってこないので、リフト代わりに大人が自転車で引っ張りました笑
ちなみに引っ張ってるのは私の弟、彼らのおじさんです笑

決められた場所で遊ぶより、工夫して外で遊ぶのは楽しいですね。
子供達のスノボデビューも近いですね。
私もスノボもスキーも久しくしてないのでそろそろリハビリしないと笑。

2020年 新年のご挨拶

杉本です。
新年あけましておめでとうございます。
今年もシンクスタジオをどうぞよろしくお願い致します。

さて、1月4日本日からシンクスタジオは仕事初め。
今年の年賀状はこんな感じです。


オリンピックイヤーということで、クリスマスの飾りつけで五輪にしてみました(^-^)
龍川は撮影当日お休みで右上に笑
おかげさまで子供達もすくすくと大きくなり、清太朗は10歳、唯は8歳になりました。
いつまで集合写真に付き合ってくれるやら笑

今年の抱負としましては、ご依頼頂いた一つ一つの仕事を丁寧に仕上げることを第一に。そして、自分たちがより楽しんで仕事に打ち込めるように仕事環境も整えて行きたいと思います。

2020年もシンクスタジオ一同、より成長できるよう一致団結して頑張ってまいります今年は新しくどんな建物を提案出来るか、今からワクワクしています!
本年もシンクスタジオをなにとぞよろしくお願い致します。

シンクスタジオ代表 杉本清史

2019年 年末のご挨拶

杉本です。
2019年もあと少しを残すのみとなりました。
例年どおり大掃除の合間に、この年末のご挨拶を書いています。

今年は新人女子木野もメンバーに加わり、インスタグラムへの取り組みや、ホームページへのクライアントの声を追加したりと、新たな取り組みも進めてまいりました。

近年、過去にシンクスタジオで家づくりをしたクライアントさんや、一緒に建物を創り上げている工務店さんから、お仕事をご紹介していただく機会も増え、おかげさまで年末年始も忙しくさせていただいております。

家は通常、一生に一度の一番大きな買い物です。
家づくりのパートナーとして、シンクスタジオを選んでいただけることは、
本当に「有り難い」ことだなと常々感じております。

その信頼にお答えできるよう、一つ一つの建物を
「自分の家を設計するように、こつこつ真面目に取り組む。」
ことを信条として日々努めています。

事務所を大きくすることは望んでいません。
自分の目がキチンと届くこの規模で、丁寧に仕事をする。
事務所と自邸を一つにしたのもこの為です。

一年にたくさんの物件をこなすことはできません。
必然的に一生かかっても設計できる物件数は多くはありません。
それだけに、一つ一つの建物を大事に設計したい。
開設15年を過ぎた今、日々この思いは強くなりつつあります。

今年もシンクスタジオを育ててくれた全てのクライアントに心からの愛と感謝を込めて!!!2020年もシンクスタジオをどうぞよろしくお願い致します。

2019年12月28日
シンクスタジオ代表 杉本清史
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクスタジオ年末年始休業日のお知らせ
2019年12月29日(日)〜 2020年1月3日(金)まで
年末年始の休業期間とさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エネルギー注入!

杉本です。

年末に向けて、怒涛の忘年会ラッシュと、お仕事もなんとか年内に

終えたい作業が立て込み、バタバタしてまいりました。

そんな折、三重のクライアントから嬉しい贈り物が届きました。

なんと箱入りのA5松坂牛❤️

 

 

 

 

 

 

早速スタッフ一同で、すき焼きにしていただきました。

 

 

 

 

 

 

これはプレゼン頑張らないといけません笑

仕上がり楽しみにしていてくださいませ!

来場感謝!

杉本です。
週末、高槻のオフィス併用住宅のオープンハウスが無事終了しました。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

クライアントはシンクスタジオ事務所の前を車で通りがかりの際にデザインを気に入ってくださり、同じような事務所を建てたいとのご依頼だった物件。
必然的にシンクスタジオと従兄弟、親戚のような外観です。

シンクスタジオ事務所は、大きな吹き抜けの一室空間に、トップライトからの光で各階に広がりを持たせるコンセプト。
今回はそれを階段を区画した上で同じような広がりを出せないかと考えた計画です。

オープンハウスの2日間は設計者にとってはお客さんにお披露目の機会であると同時に、その考えたコンセプトが実際にどうなったかを自ら体感する大事な時間でもあります。

設計した本人も、建築面積16坪とは思えない広がりを感じることが出来きました。
クライアントもカッコいい建物が出来たと喜んで下さっていて、設計者としてもやっとホッとする瞬間。

開業して15年経った今も、未だに新鮮でかつ幸せな時間です。
シンクスタジオを見つけてくれたクライアントと、建物に関わって下さった全ての皆様に感謝!!!