大阪府北部地震

杉本です。
一昨日の大阪府北部地震。
シンクスタジオのある大阪市北区も震度6弱。
初めて体験する縦揺れの直下型地震でした。

大阪府で震度6の地震は1923年からの観測史上初めてのことだそうです。
シンクスタジオは植木鉢が一つ割れただけの被害にとどまり、家族スタッフとも無事です。友人知人から沢山のご心配メールとお電話を頂き恐縮です。

今まで設計させて頂いた大阪北部地域のクライアントにも、落ち着いてからご連絡させて頂きましたが、どの建物も特に問題なかったようでなによりです。

あるクライアントは地震の次の日に、「あの時リフォームしたおかげで命拾いしました。本当にやってよかった。直接お会いしてお礼を言いたかったんです。」とわざわざご挨拶に来て下さいました。

地震があるたびに、建築士としての仕事の責任と大切さを再認識します。
家族の生命と財産を守るシェルターとしての家を創る仕事。
今後も一軒一軒、誇りと責任感をもって努めていきたいと思います。

被災地域の1日も早い復旧を願います。

晴耕雨読

杉本です。

大阪も梅雨に入りました。
雨が増えるのでたまには漫画でも読みたいなと。

歴史好きの私におすすめということで、友人に教えてもらって一気に読みました。


『キングダム』
人気漫画ですのでご存知の方も多いと思いますが、紀元前の中国、秦の建国のお話です。現在50巻でお話は建国までまだ半分も達していません。完結するまであと15年くらいかな?

歴史つながりでついでに『ヒストリエ』
紀元前の古代ギリシャのお話。


こちらは2年に1冊の出版ペースらしいです。。。これも完結まではほど遠そうですね。。。

漫画を楽しむのも体力勝負。健康で長生きしないといけないようです笑

審美眼

杉本です。
先日(仮称)みなべの家のプレゼンテーションを行いました。
みなべの小高い丘の上に建つ梅農家さんのご自宅の建替えです。
和歌山県の耐震補強建替制度を使い、補助金を使った工事になります。

2階建ての今のご自宅が家族構成の変化に伴い使わない部屋が増えているため、
終の住処として老後の生活を考慮した平屋でご提案させて頂きました。



現在の母屋の生活を世襲したようなプランと、今の生活とまったく違うプランの二通りをご提案させて頂きましたが、後者の方を選んで頂きました。

年齢的に変化を望んでいらっしゃらないかなと思い二案出しましたが、杞憂に終りました。審美眼を持ったクライアントがいてこその私達の仕事です(^-^)

年度内の竣工に向けて、実施設計が始まります。

南方熊楠記念館新館

杉本です。
先日、天気があまりに良かったので現場帰りに白浜に少し寄り道して帰りました。目的は前から見たかった南方熊楠記念館新館。
学校の設計で有名なシーラカンスという一風変わった名前の設計事務所がありまして、その代表の小嶋一浩さんが二年前お亡くなりになり遺作となった建物です。

南方熊楠と言えば、粘菌の研究などで有名な和歌山の生んだ偉人。

亜熱帯の植物のうっそうと茂る階段を上がると、建物エントランスがあります。


全体像はこんな感じ。
田辺湾に突き出た番所山の頂上に敷地は位置します。
奥にある四角の建物が旧館。手前の曲線の建物が新館。
フォルムは熊楠の研究した粘菌のような、白鯨が岬に打ち上げられたような形態をしています。


三層吹き抜けの上部から、自然光が注ぐ光井戸。

光井戸上部。

白浜で一番見晴らしのいい展望台。

エーゲ海のサントリー二島のような青い海と白い建物。
心地よいひとときを過ごせました。

下町の銭湯

杉本です。
5月も残すところわずか。
そろそろ最高気温も夏日になる日も出てきました。

先日、事務所メンバーでたまには飲みに行くかということになり、
折角なのでひとっ風呂浴びてからにしようと福島駅前に。。。



福島駅前の賑やかな通りを曲がると、関西の誇る建築家竹原義二さん設計の延命湯という銭湯があります。35年前にこの銭湯で渡辺節賞を受賞していますので、竹原さんの出世作といったところでしょうか。



夕方早い時間にも関わらず、ご近所さんでにぎわっていました。 
中津にはもう銭湯は全てなくなってしまいましたが、この建物はまだ現役で下町のコミュニティとなっています。
昭和感漂う銭湯でひとっ風呂浴びて、焼き鳥を食べて。下町生まれの私にはシャレたグランフロントよりこっちが落ち着きます!(^-^)