東淀川の家 階段設置&タイル工事

こんにちは。

最近、すっかりブログをサボり気味の龍川です。

先日、「東淀川の家」の現場監理に行ってきました。

現場が事務所から自転車で20分。

運動不足の私にはちょうどいい運動になっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは外壁の塗装です。おおよそ終了しています。

今回外壁仕上げは、弾性塗料にて「ジュラク」という仕上げにしています。

骨材が小さめで、スッキリとした印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらは2階から3階へ向う、力桁タイプのスリット階段です。

光がよく入る3Fテラスの光を、2Fへ届けるためにこのような階段にしています。

監督さん大工さん曰く、すごく力桁が重たくて施工が大変だったとか・・・・

大変だっただけあって、とても見応えがあります!!ありがとうございます!

こちらはLDKの大判タイルの施行中です。

600角の大判タイルだけあり、迫力がありますね!

現場は完成へ向けて一歩ずつ順調に進んでいます。

仕上がり楽しみですね!乞うご期待です!

 

泉ヶ丘の家 〜竣工前チェック〜

こんにちは、龍川です。

泉ヶ丘の家の竣工前チェックに行ってきました。

足場も取れ、外観がいよいよお披露目です。

外観は落ち着いたグレー色の「ジュラク」仕上げに木製ルーバー塀がアクセントになっています。

外観正面の建物と擁壁の間は植栽スペースになっており、今後クライアントのお母様によって、色とりどりの植栽が入る予定です。今後どんなお花や植物が植えられて行くか楽しみです!

ダイニングには吊り下げ式のオリジナル木製ボックス照明が入っております。

また一段上がりの畳敷きの掘りごたつには、こちらもオリジナルダイニングテーブルが入っています。

机を2つくっつけており、親戚の集まりやお子様のお誕生日会など、大勢での食事が楽しめます。

1台は折りたたみ式になっており、必要ない時には床下に収納できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイニング上部は梁表しで天井が高く、開放的な空間です。

キッチン前はカウンターになっており、将来的には子供達の勉強スペースとしても使えそうですね。

2階へ上がる階段とテレビボードが一体になっています。

毎朝、元気な子供達がここから降りて保育園、小学校、中学校・・・と成長して行く姿が今からとても楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段下には秘密基地のようなパソコンスペースをとっています。

手の届く範囲にプリンターやスキャナーなどを置き、取り外し式のイスの中にも収納を設けています。まるでコクピットのような男心くすぐるスペースになりました。

 

まだ手直し工事と外構工事が残っていますので、工務店さんにはもうひと頑張りして頂きます。最後までどうぞ宜しくお願いいたします。

東淀川の家  始動

龍川です。

現在、大阪市内の物件で「東淀川の家」の計画がスタートしております。

順調に計画が進んで行っております。

少し内容をご紹介。

旗竿の敷地にご夫婦と2人のお子さんための

木造三階建ての住宅を設計させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旗竿敷地に立つ、細長い建物です。

なるべく細かく部屋を間切らないようして、明るさと広さを感じるようにプランをしています。

クライアントのご意向もあり、今回各階ごとに少しインテリアを変えています。

これから竣工が楽しみですね、ワクワクしています!

 

泉ヶ丘の家 -上棟式&中間検査-

こんにちは、龍川です。

泉ヶ丘の家(仮)が上棟式と中間検査を終えて、順調に工事が進んでおります。

まずは上棟式の写真から。
レッカーで一気に組上げていきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庇をしっかり出した切妻の屋根の形状のため、屋根の組み方を少し工夫しています。

「御幣」に記載する施主様のお名前は、施主様の直筆でお名前を入れて頂きました。

工務店さんに書いて頂くこともあるのですが、やっぱり施主様に自分で書いて頂く方が、より実感が湧いていいなーと思いました。
そして次に先日の中間検査の写真です。


現場をとても綺麗して頂いています。

大工さんによっては現場が散らかっている方もごく稀にいらっしゃいますが、
やっぱり現場の綺麗さと大工さんの腕は比例しているのかなーと思ってしまいます。

今回キッチンダイニングは天井が高く、梁を表しにしています。とても綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観のアクセントになる出窓の下地も完了しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、金物や建物位置などは問題なく、無事に中間検査は合格です。

これより内部、外部共に平行して進んで行きます。

より一層気を引き締めて、現場監理を進めて行きます!

泉ヶ丘の家 〜着工〜

龍川です。

最近になってようやく残暑も和らぎ、暑がりの私にとっては、涼しさを感じるとても過ごしやすい日々です。

さて、10月に入り「泉ヶ丘の家(仮)」が着工を迎えています。

泉ヶ丘の閑静な住宅街に、ご夫婦と2人の娘さんの木造2階建ての家の計画になります。

外観は2段の大きな切妻屋根と木製ルーバー塀が特徴の建物です。

外壁は落ち着いた色合いの「ジュラク」の塗装仕上げとしています。

インテリアには木の質感を見せつつも、すっきりとしたシンプルな色合いにまとめています。

ダイニング部分は天井が高くなっており、梁表しがインテリアのポイントになっています。
また床部分は小上がりの置き畳敷きになっており、畳の下には十分な収納を確保しています。

LDKの南側には、隣地の親御さんの家との間に南の光が降り注ぐ、明るい中庭を設けています。

2月いっぱい竣工に向けて、引き続き、気を引き締めて現場監理を行いたいと思います。