A’ Design Award(イタリア)受賞 

杉本です。
ゴールデンウィーク中に嬉しい知らせがありました。

イタリアで開催されている世界最大規模の国際デザイン賞 A’ Design Award で、「新庄のスクエアコートハウス」がシルバーアワードを受賞しました。

今年の目標として二つ表彰状を獲ると宣言していた二つ目の受賞となります。
他の入選案は大きく、立派で、贅沢な案が多い中、シンプルな表現がどこまで評価されるかなと思っていましたが、結果が出てほっとしています。

実務で忙しくなかなかコンテストに時間をさくことが出来なかったのですが、対外的な評価を得ることが、自分達の仕事の価値を高めると信じて昨年から取り組んでいます。

クライアントご夫婦にも報告して喜んでいただけました。
私たちの家はイタリア・海外にも通用するのかと笑

これを生かして、さらに今後の仕事は表現のクオリティを上げていきたいと思います。シンクスタジオのこれからのデザインに期待してください!

杉本清史

ハグミュージアム 展示ブース完成!

杉本です。
先日、大阪ガスの新しい展示施設ハグミュージアムが完成して、オープニングイベントに呼ばれて行ってきました。

随分以前に50社ほどの指名コンペで選ばれたブースデザインです。
シンクスタジオの展示ブースはこんな感じです。

ものすごく簡単に説明すると、テーマが「ガスと子育て」ということだったので、
昔の家にあった縁側のような空間を室内に作って、ガス火を囲んだビッグテーブルと組み合わせて、子育てを地域にもどしていこうよ!という案です(笑)
まあ、実物が京セラドームのすぐ横にあるので、実際に見て感じて下さい(^-^)

審査委員長はシャープのAQUOSのデザインで有名な喜多俊之さん。
表彰式と喜多さん、水野真紀さんとのトークショーに参加させて頂きました。

たまには大勢の人前でしゃべるのも新鮮でいいですね(笑)
沢山の人が見に来られる施設の中のデザインですので、これを見た方からの反響が楽しみです!

公共コンペそして、亀岡の保養所スタート!

杉本です。少しブログの更新が滞ってしまいましたm(_ _)m
実は先月から公共建築のコンペに二年ぶりに取組んでおりました。
事務所としては、これが三度目の公共コンペです。
過去の2回は幸運なことに、入選までは潜り込めましたが、2回とも最終審査で涙を飲んでいます。

若いスタッフ二人にとってはこれが初めてのコンペです。
睡眠時間を削って、お金を注ぎ込んで、全身全霊で打ち込む姿勢を見せることが
将来建築家を目指す二人にとって貴重な糧になることと思います。

普段取組まないスケールの建物を設計すると色々なことが新鮮です。
模型、3DCAD、フォトショップ、イラストレーター、手描きパースなど、
様々なツールを駆使して表現しますので、事務所全体として表現力が
レベルアップ出来たと思います。

公共建築のコンペではトップレベルの建築家達との戦いになります。
結果は別として本気で取組んだ人だけに、選ばれる案のすごさが理解できます。
勝っても負けても学ぶことばかりです。
これからも年に数回はトライして行きたいと思います。

さて、話は変わって実務のお話です。

昨年にご依頼頂いた、(仮称)亀岡の保養所リニューアル工事。
敷地が1万平米を超える広さなので、時間がかかります。
敷地・現存建物調査に3ヶ月。やっとのことで図面ができあがりました。

敷地図が1/100のスケールで畳一枚分ほどあります(^-^;A

これからが設計の本番です!機会を与えて下さったクライアントの期待に
応えることが出来るよう、事務所一同全身全霊で打ち込みます!

寒さに負けず・・・

こんにちは、龍川です。

 

年が明けてあっという間に1ヶ月が経とうとしていますね。

寒さも一段と厳しくなり、どうしても朝起きるのが辛くなる季節ですね。

ただ寒さに負けてばかりもいられません。

 

そこでシンクスタジオでは只今、実作コンペに挑戦しています。

 

先日、コンペの敷地調査のために静岡県伊豆半島にある伊豆の国市へ行ってきました。

大阪から伊豆の国市までは片道約5時間半の道のりでしたが、弾丸日帰りツアーで行って参りました。

私事ですが、最近ようやく事務所の車の運転練習を始めたばかりで、私にとっては運転練習も兼ねたドライブツアーになりました。

朝6時にシンクスタジオを出発し、11時半頃には伊豆半島へ到着しました。

到着後すぐに、仕事の前には腹ごしらえを(笑)・・・ということで、伊豆の国市の手前にある沼津港で、駿河湾の海の幸を食べにいきました。

私は生しらす、桜えび、アジの乗った「沼津丼」(左)をおいしく頂きました。

腹ごしらえも済ませ、いざ敷地調査へ!

最初に訪れたのは敷地周辺の国指定史跡である「韮山反射炉」です。

これは江戸時代に作られた鉄の大砲をつくるための融解炉だそうです。

その他にも敷地周辺の文化施設、図書館、お寺などを廻り、最後に計画敷地の見学も無事に終えました。

帰りにちゃっかり、足湯にまで入ってきました。

やはり、地図や写真だけでは分からなかったこともたくさんあり、

その土地でしか感じれない空気感みたいなものを味わえました。

現地で得た感覚をしっかりとシンクスタジオに持ち帰り、コンペ案に活かせるよう精一杯頑張りたいと思います。

群馬探訪

杉本です。
週末はコンペの下見に群馬までシンクスタジオ号(軽自動車)(^-^;A
にて遠征してきました。



B級グルメ好きの私としてはまずは腹ごしらえに岩崎屋にて
太田焼きそばと焼きまんじゅう。



調子に乗って食べ過ぎました(笑)



その後、教科書で見たことのある富岡製糸工場を見学。





そして、目的の敷地の下見。



上州富岡駅の建て替えコンペです。
仕事も忙しいけれど、それは他の建築家も一緒。
今回もチャレンジします!