岩出の平屋 竣工

こんにちは、龍川です。

先日同行しました、「岩出の平屋」の竣工写真が届きました。

写真は写真家の冨田英次さんに撮影をして頂きました。

平屋ながら2階建ての家々の中でも負けない、焼杉板とルーバーが印象的な外観です。

内部もクライアント好みの木の温かみ感じるインテリアに仕上がりました。

現場監理と天板選び

こんにちは、龍川です。

4月に入ってもなかなか気温が上がらず、肌寒いお花見シーズンでしたが、

ようやく春らしい暖かな気候になってきましたね。

 

さて先日、岩出の平屋の現場監理とキッチンカウンターの天板選びに行ってきました。

まずは現場監理へ。

こちらは中庭のある大屋根の写真です。

左上の開口部分が中庭部分になります。

屋根はガルバリウム鋼板の竪ハゼ葺きを採用しています。

LDKや和室、家事室に面した中庭に光が入りやすいように、

屋根勾配を緩くして、屋根の高さを抑えています。

中庭を中心に4方向に屋根がかかっているため、それぞれの屋根勾配が違います。

それぞれ勾配の違う屋根がぶつかる部分の処理が難しそうですが、

そこはさすが職人さんです、綺麗に納めて下さっています。

 

こちらは室内から撮った中庭周りの写真です。

写真右側が家事室兼サンルームになります。

雨を気にせずに、室内物干しができるように中庭の光が一番入る位置に家事室兼サンルームを設けています。

また中庭周りにはロールブラインドボックスを設けています。

柱と柱の間にボックスを納めて、天井のシナ合板が綺麗に見えるように、何度も監督さと大工さんと相談し、綺麗に納めて頂いています。天井の出来上がりが楽しみです。

こちらはLDKの3Dパース写真です。

今回のキッチンでは、クライアント自慢の手料理を、ご家族やご友人を招いて、会話が楽しみながら料理ができるように、キッチン前にカウンターを設けています。

こちらのキッチンカウンターの天板選びに材木屋さんへ行ってきました。

当然ですが、材種や木目、厚み、大きさなど様々な木材がたくさんあります。

同じ材種でも木によって色や木目が全然違い、それぞれに個性があります。

その中からクライアントに3Dパースやカウンター周りの材の色などを見てもらいながら、一番イメージに合う天板を一緒に選んで頂きました。

さてさてどんなキッチンカウンターが出来上がるか乞うご期待です。

 

 

梅の咲く中で・・・

龍川です。

3月に入り、最近暖かくなったかと思えば、またすぐに寒くなる日が続いています。

すぐそこまで来ている春が待ち遠しいですね。

先日、岩出の平屋の上棟式に行ってきました。

周辺の建物は2階建てが多いので、平屋ながらとても存在がありました。

写真は建物各角の柱に、大工さん、設計者、施主さんが塩と酒でお清めをしているところです。

こちらは中庭の写真です。

光や風や緑を感じることができる中庭を家の中心に設けています。

こちらは敷地南側にある梅の木です。

上棟式のこの日はちょうど花が咲き、見頃を迎えていました。

LDKと和室からはこの梅の木を眺められる計画としています。

無事上棟式を終え、これから6月末の竣工に向けて、現場監督さんと大工さん、各業者の方々と共に、すばらしい家にできるよう精一杯頑張りたいと思います。

岩出の平屋 地鎮祭

こんにちは、龍川です。

先日、岩出の平屋の地鎮祭が行われました。

現場についた時には少し小雨が降っていましたが、

地鎮祭の開始の時には雨も上がり、とてもいい地鎮祭日和でした。

 

私が仕事を始めて今回で地鎮祭4回目ですが、それぞれの神社によって「地鎮祭」のやり方に違いがあり、それが楽しみでもあります。

今回はいつもより、神主さんのお祈りの声がとくに力強く、土に響いていくような印象の地鎮祭でした。

節分を過ぎれば、いよいよ着工です。

敷地裏には梅林もあり、上棟式を過ぎた工事半ばにはキレイな花を咲かしてくれることでしょう。

現場監督さん、大工さん、職人さんとともにこれから5ヶ月間かけて、精一杯いい建物にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

岩出の平屋 1/50模型

龍川です。

今年も気づけばあと5日ですね。
シンクスタジオも今日が仕事納めになります。
そして明日は大掃除です。

今年最後に岩出の平屋の1/50模型をお施主さんの家族の方に、年末年始に見て頂けるように製作致しました。

こちらが外観正面になります。
前の小さいボリュームと後ろの大きいボリュームの2つのボリュームの建物構成になっています。
外壁は杉板張りになっており、玄関前のルーバーが外観のアクセントになっています。

大きいボリュームの方には中庭をつくり、建物に光と回遊性を与えています。

こちらが建物上からの写真になります。
写真の上が南側になり、梅林が立ち並んでいます。
LDKからは梅林を眺められるようになっています。
キッチンはお施主さんご希望の対面カウンター式になっています。

こちらが建物南側からの写真になります。
建物東側(写真右側)は和室の3部屋の続間になっています。
仏事の時は大きな一体空間として、来客時には個別のゲストルームとしてフレキシブルな利用ができます。

年明け1月末には工事がスタートします。
来年は今年以上に充実した一年になるようにがんばります。