梅田が近づく?

杉本です。
今日は私の住む中津・北梅田の話を少し。

梅田には近いけれどJR貨物線の高さが低く、物理的かつ意識的に塀となり都市化を免れていた下町中津。そろそろその塀も取り除かれる時期が近づいて来ました。

写真は我が家から直線距離1キロ弱の所にあるグランフロントからの写真。
西側に出来るJR北梅田駅も着々とオープンカットで工事が進んでいます。
完成は2023年春と言う事なので、あと三年と少し。
第二期北ヤードの完成が2024年ですから、ここ5年で大きく街が変わりつつありますね。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この北ヤードの敷地は過去にも大きな変化があった歴史があります。

■大正7年の北ヤード
地図を拡大してよく見て頂くと学校の名前が沢山あります。
この時期は府立北野中学(現在の府立北野高校)大阪市立大阪工業大学(現在の大阪大学の一部)府立梅田高等女学校(現在の府立大手前高校)金蘭会高等女学校、梅花高等女学校と、駅前の利便さから一大文教区だったようです。

■昭和4年の北ヤード
国鉄貨物線の拡張により、先述の学校がほとんど移転してしまっています。
北ヤードに西側にある、発動機会社というのはダイハツで、電球会社というのは東芝です。のちにスカイビルにかわります。

■令和元年の北ヤード
古地図と現在の地図を見比べると面白いですね。
今後も変わり続ける北梅田。
住民としては下町のノスタルジーを感じながらも変化も受け入れていかないとしかたありません。
大阪最後の一等地と言われる第二期のうめきたが近隣住民にとっても面白い街作りになることを期待しています。

ヘリテージマネージャー講習終了

杉本です。
昨日、昨年から取り組んでいたヘリテージマネージャーの講習がやっとのことで終了しました。1日だけ仕事で出れなかったので、まだ補講を受けなければいけませんが。。。

月に二回の土曜日終日講習と、実際に古い民家を実測から活用計画までを計画して発表まで。。。なかなかタフな講習でした笑


ヘリテージマネージャーという資格はほとんどの方が初めて聞く資格だと思います。

ヘリテージマネージャーとは

簡単に言うと歴史的建造物を保存活用していく為の資格ですね。
新築の物件もいいですが、時代は「スクラップ&ビルド」から「ストック活用」の時代です。時を経た味のある建物を大切に使って行く事も、私達建築士に与えられた大切な職務です。

シンクスタジオも開設15年。常に研鑽を重ね新しい事にトライしていかないといけません。古い建物を所有しておられる皆様、どうぞシンクスタジオにお気軽にご相談ください!笑

近況報告

杉本です。
近頃、関西でも地震・台風と災害が続きました。
シンクスタジオもアフターフォロー等でバタバタしております。。。

さすがにうちで設計させてもらってる建物は丈夫に作っていますので、
大きな被害はありませんが、それでも隣家から瓦が降ってきたりと、
設計ではどうしようも避けられないこともあります。

近頃の異常気象についても、日本の気候が変わりつつあるという考え方も
あるようですが、我が身で体感すると安全に関する設計もいままでどおり
ではいけないなと感じています。

新しい物件の依頼が続き、プランを考える毎日ですが、シェルターとしての
基本性能を上げつつも、情緒に響くような空間も作らねばなりません。。。
いくつになっても日々模索中です。。。

大阪府北部地震

杉本です。
一昨日の大阪府北部地震。
シンクスタジオのある大阪市北区も震度6弱。
初めて体験する縦揺れの直下型地震でした。

大阪府で震度6の地震は1923年からの観測史上初めてのことだそうです。
シンクスタジオは植木鉢が一つ割れただけの被害にとどまり、家族スタッフとも無事です。友人知人から沢山のご心配メールとお電話を頂き恐縮です。

今まで設計させて頂いた大阪北部地域のクライアントにも、落ち着いてからご連絡させて頂きましたが、どの建物も特に問題なかったようでなによりです。

あるクライアントは地震の次の日に、「あの時リフォームしたおかげで命拾いしました。本当にやってよかった。直接お会いしてお礼を言いたかったんです。」とわざわざご挨拶に来て下さいました。

地震があるたびに、建築士としての仕事の責任と大切さを再認識します。
家族の生命と財産を守るシェルターとしての家を創る仕事。
今後も一軒一軒、誇りと責任感をもって努めていきたいと思います。

被災地域の1日も早い復旧を願います。

下町の銭湯

杉本です。
5月も残すところわずか。
そろそろ最高気温も夏日になる日も出てきました。

先日、事務所メンバーでたまには飲みに行くかということになり、
折角なのでひとっ風呂浴びてからにしようと福島駅前に。。。



福島駅前の賑やかな通りを曲がると、関西の誇る建築家竹原義二さん設計の延命湯という銭湯があります。35年前にこの銭湯で渡辺節賞を受賞していますので、竹原さんの出世作といったところでしょうか。



夕方早い時間にも関わらず、ご近所さんでにぎわっていました。 
中津にはもう銭湯は全てなくなってしまいましたが、この建物はまだ現役で下町のコミュニティとなっています。
昭和感漂う銭湯でひとっ風呂浴びて、焼き鳥を食べて。下町生まれの私にはシャレたグランフロントよりこっちが落ち着きます!(^-^)