現場調査-第二弾-

少し遅くなりましたが、みなさまあけましておめでとうございます。

龍川です。

年も明けて、あけぼののリノベーション計画も本格的にプランをつめていく段階になっています。

そこで現地調査-第二弾-に行ってきました。

前回の現地調査では前の住人の方がまだいらっしゃったので、

今回は前回見れなかった床下や天井懐、屋根裏まで調査して行きたいと思います。

室内は前回よりも物がなくなっており、改めて広々とした印象です。

大工さんにも来て頂き、前回見えなかった部分を確認して行きます。

まずは建物で重要な基礎部分です。畳をめくり床下に潜って確認です。

まだ築10年ということもあり、特に目立ったひび割れや欠けなどもなく、とても綺麗な状態でした。

また今回、現況図面には基礎図面や構造図が無かった為、図面をおこす作業が必要です。

実際に自分で床下に潜り、約50センチ程度の床下スペースを這いつくばって、写真を撮っては図面に記入を繰り返し、基礎の位置を確認していく作業はなかなか大変な作業でした。

当然、元小料理屋さんということもあり、這いつくばる私の横目には昆虫達が・・・(笑)

気を取り直し続いて、1階天井裏です。

基礎同様、梁もまだまだ綺麗な状態です。

1階は客間である広間や厨房といった大きな部屋があるので、

一般的な住宅より大きな梁が通っているなという印象です。

最後に2階屋根裏です。

大きな切妻屋根で勾配が5/10寸とあるので、屋根裏スペースはとても広々した印象です。

今回のプランでは2階のアトリエやダイニングスペースでは開放感を出す為に、この屋根裏スペースを一部吹抜けにして、梁や束を一部表しにしたいなと考えています。

さて今回の調査で見えなかった部分を確認することができました。

この結果を踏え、まずは現況図面をおこし、今のプランで不具合は無いかを確認していく作業になります。

このあたりが新築には無い、リノベーションの難しさでもあり面白さですね。

乞うご期待です。

あけぼのリノベーション始動

龍川です。

先日、和歌山県田辺市あけぼのにて、リノベーション案件の現地調査に行ってきました。

今回の計画は、地元では有名な元小料理屋を、ご兄妹が上下階で住まう2世帯住宅にリノベーションするという内容です。

既存建物は全面道路から約3m程上がった高台の上に建っています。

また建物の建っている南側のさらにもう一段高い所に、隣地建物がある階段状の敷地になっています。

敷地南側が高台になっているため、南からの光が入りにくく、南側がじめじめした印象でした。

室内は、築年数が約10年だけあり、まだまだ綺麗な状態でした。

1Fが小料理屋の客間と厨房になっており、2Fが住まいになっています。

高台に建っているため、2Fの住まいからの眺めはとても良い印象でした。

現地調査とは言っても、まだ前の住人の方がいらっしゃったので、写真などの目視調査になりました。

現地で感じた敷地や建物の印象を元に、クライアントの夢の詰まった最高のプランをプレゼンしたいと思います。