/(スラッシュ)〜那智勝浦の空を包む家〜 -竣工写真-

龍川です。

先日、/(スラッシュ)〜那智勝浦の空を包む家〜の竣工写真撮影に立ち会いました!

カメラマンはもうシンクスタジオ物件の撮影でお馴染みの 今西浩文 氏です。

今西さんには和歌山市付近で車に乗せて頂き、そこから往復6時間の長旅でしたがありがとうございました!

素敵な写真をたくさん撮って頂きました!

/(スラッシュ)〜那智勝浦の空を包む家〜オープンハウス

龍川です。

先日、/(スラッシュ)〜那智勝浦の空を包む家〜がオープンハウスを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度見てもやっぱり斜め壁が目を引く外観です。

残念ながら外構の芝生はまだですが、写真撮影までには間に合うそうなので楽しみです。

 

今回、フローリングの塗装はクライアント自らやって頂いています。

イメージ通りのとても良い色になっていますね。

また中庭のデッキもクライアントとお知り合いの大工さん工事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらもプロ顔負けの仕上がりで、私もびっくりですw

月末には写真撮影です。こちらもアップさせて頂きますので乞うご期待ください!!

南紀勝浦 斜め壁の家

杉本です。
師走も終わりに近づいて参りました。
勝浦の家も工事終盤になって来ています。

内部のボード貼りもほぼ終わり、外部足場のばらしも
近づいて来ています。


外観写真をみて頂くとわかると思いますが、勝浦の家は
方位と将来的な敷地環境の変化を考えた上で、建物正面の壁を
斜めに傾けています。

年始のオープンハウスの日程も決まりました。
2016年1月16日(土)・1月17日(日)の2日間開催します。

遠方ですが斜め壁の効果を是非、実際に見に来て下さい(^-^)
申し込み制とさせて頂きます。
ごらんになりたい方はoffice@syncstudio.jp までお申し込み下さい。

那智勝浦の家 -屋根板金工事&内部造作工事-

龍川です。

那智勝浦の家の現場監理に行ってきましたのでご報告です。

外部は全て雨仕舞いまでは完了しています。

 

竪ハゼ屋根は換気棟を端っこ(ケラバ)部分まで出すと少し不細工なので、端っこ(ケラバ)部分の板金は「馬乗り掛け」納まりという、高さが出ない納まりとしてもらっています。

屋根を綺麗に見えるよう少し工夫しています。

斜め壁部分も問題無く、防水シートが施工されています。

外壁には外壁通気の効率が良い縦胴縁にしています。

 

内部造作工事が進んでいます。

断熱工事まで問題無く終了しています。設計の意図を理解して頂けている大工さんなので、早めに設計的に気になるポイントを打ち合わせて頂いているので、現場はとてもスムーズです。

引き続き、現場を宜しくお願いします!

那智勝浦の家(仮)-上棟式-

龍川です。

先日、那智勝浦の家(仮)の上棟式に行ってきました。

現場は大阪から約5時間の現場になります。現場に行く時は少し旅行気分ですね。笑

当日は朝から津のコートハウスの竣工検査もあったため、奈良から入って三重ルートで那智勝浦まで行きました。一日で紀伊半島ぐるっと一周を廻り、普段走らない道をドライブできました。

さて、当日は朝まで雨が降っていましたが、上棟式の時には雨もやんで一安心でした。

二人のお子様にも手伝ってもらい無事、上棟式を迎えることが出来ました。

おめでとうございます!!

 

大きなクレーンを使って柱や梁を組み立てる様子は何度見ても、興奮しますね!

建物の特徴の1つになる、勾配天井の三角屋根とロフト部分です。

もう1つの特徴である斜め壁部分はプレカットでは難しく、今回はまだありません。

大工さんの手加工で組んで頂くので、少し手間はかかりますが、今後の見所の1つですので乞うご期待です!