東淀川の家 階段設置&タイル工事

こんにちは。

最近、すっかりブログをサボり気味の龍川です。

先日、「東淀川の家」の現場監理に行ってきました。

現場が事務所から自転車で20分。

運動不足の私にはちょうどいい運動になっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは外壁の塗装です。おおよそ終了しています。

今回外壁仕上げは、弾性塗料にて「ジュラク」という仕上げにしています。

骨材が小さめで、スッキリとした印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらは2階から3階へ向う、力桁タイプのスリット階段です。

光がよく入る3Fテラスの光を、2Fへ届けるためにこのような階段にしています。

監督さん大工さん曰く、すごく力桁が重たくて施工が大変だったとか・・・・

大変だっただけあって、とても見応えがあります!!ありがとうございます!

こちらはLDKの大判タイルの施行中です。

600角の大判タイルだけあり、迫力がありますね!

現場は完成へ向けて一歩ずつ順調に進んでいます。

仕上がり楽しみですね!乞うご期待です!

 

東淀川の家 オーダーキッチン

杉本です。
(仮称)東淀川の家の上棟式後、オーダーキッチンのクッチーナさんにて最終のキッチンの仕様確認作業をしてきました。




模型とパース、実際の仕上げ材を見ながらキッチンの細かいサイズや、仕上げの質感、備品の選定など、オーダーキッチンならではの細かい確認作業を進めて行きます。







家づくりでもっとも楽しい時間ですね(^-^)

家族のこと、料理のこと、生活のことを細かく確認しながらの楽しい打合せ時間はあっという間に過ぎて行きます。

東淀川の家 上棟式

杉本です。

昨年より進めている(仮称)東淀川の家 が先日無事上棟を迎えました。
この家は、旗竿敷地に建つ三階建ての木造住宅です。
周辺環境は東海道新幹線、阪急千里線、JR貨物線に三方を囲まれた、三角州状の街区割りになっており、大きな車が入りにくいため、私の住む中津と同様にノスタルジーを感じさせる町並みです。


写真は上棟式の様子。

木造三階建ての建物ですが、旗竿敷地でレッカーが入らないため、手上げで全ての構造材を搬入しています。
想像通りなかなかの重労働です(^-^; 大工さん達に頭があがりません。

無事屋根まで組み上げて、みなで工事の無事を願いました。

三階まで上がると、廻りの建物からすっぽりあたま一つ抜け出した形になり、環境的にも心地よい空間です。
7月末の竣工に向けて、工事現場は加速度を増して進んで行きます。

東淀川の家  始動

龍川です。

現在、大阪市内の物件で「東淀川の家」の計画がスタートしております。

順調に計画が進んで行っております。

少し内容をご紹介。

旗竿の敷地にご夫婦と2人のお子さんための

木造三階建ての住宅を設計させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旗竿敷地に立つ、細長い建物です。

なるべく細かく部屋を間切らないようして、明るさと広さを感じるようにプランをしています。

クライアントのご意向もあり、今回各階ごとに少しインテリアを変えています。

これから竣工が楽しみですね、ワクワクしています!