門真市寺院改修工事 -下地施工・断熱工事-

龍川です。

門真市寺院改修工事の現場監理に行ってきました。

現在、下地工事及び断熱工事の真っただ中です。

今回、断熱性能を上げるために、床壁天井に断熱材新たに充填しています。

壁の断熱材には、壁厚によりグラスウールとスタイロフォームを使い分けています。

既存壁が土壁のため、土壁を剥がすと、改修しない側の部屋の仕上げを壊してしまうため、中座敷との境界部分などは内部にグラスウール充填できないので、スタイロフォームを充填しています。

スタイロフォームの方が高価ですが、断熱性能が高いので、厚みを薄くでき、

その分、グラスウールに比べて、室内の有効寸法が広く確保できます。

窓ガラスもペアガラスに替え、以前と比べると格段に断熱性能がアップしました!

門真市寺院改修工事 -土間コン打設・柱入替-

龍川です。

門真市寺院改修工事の現場監理に行ってきました。

改修工事はやっぱり現場が気になります。

0から作っていく新築と違い、現場の寸法や現場にあるもの基準で全てが決まって行きます。

なのでどうしても現場で確認しなければならないことが多くなります。

床下の防湿フィルムと土間コンクリートの打設が完了しました。

隣の中座敷部分とは縁を切って、立ち上がりを設けています。

これで床下から湿気が上がってくるのを抑えられます。

こちらは柱をジャッキアップして、鋼管で梁を受けている様子です。

2階部分は既存で残すので、慎重に柱を交換して頂いています。

無事、柱の入れ替え完了です。

金物を使い、構造補強も行いこれで一安心です。

門真市寺院改修工事 -防湿工事・構造補強工事-

龍川です。

先日、門真市寺院改修工事の現場に行ってきました。

解体工事も終え、床下の土が見えている状態になっています。

今回クライアントのご要望もあり、床下から湿気を抑えるために、

防湿フィルムと土間コンクリートを施工する予定にしています。

こちらは既存の柱です。

解体時に発見した既存柱の腐食部分は、新しい柱に入れ替えてもらいます。

また先代の住職から既に最低でも2回以上は改修された形跡も発見しました。

住み継がれるお寺の庫裡の歴史を感じますね。

次の歴史を作って行く責任を感じ、これからより一層、無事に竣工を迎えられるよう気を引き締めて行きたいと思います。

門真市寺院改修工事 -解体工事-

龍川です。

門真市寺院改修工事の解体工事が始まりました。

改修工事では、解体前に壁内に隠れた柱や筋交いなどの位置を図面にあらかじめおこします。

解体時に現場でひとつずつチェックしていき、図面と相違はないか?相違があった場合、プランに変更は出ないか?変更の場合どのように変更するのが良いのかなど現場が進んでいく中で、検討しなければなりません。

また想定より悪い部分もあれば、良い部分もありひとつひとつクライアントに説明していきます。

今回の解体では多少の変更事項があったものの大きな問題もなく、順調に工事が進んでいけそうです。

庫裏の改修工事

杉本です。
いつの間にか夏もすっかり終わり、秋の気配を感じるようになってきました。
子供達も夏休み中は事務所で勉強したり絵を描いたりと、にぎやかな設計事務所でしたが9月に入ってやっと落ち着いてきました(^-^;

5月から門真市でお寺の改修工事の計画を進めています。
順調に進んで工事一歩手前までたどり着きました。
庫裏部分の全体の改修なので、防湿や構造補強を含めた性能を上げるのと同時に、お寺の意匠に合わせた落ち着いたデザインを取り入れています。

また工事が進んだらご報告させて頂きます!