餅まき!!!

杉本です。
先日、上芳養のコートハウスで餅まきを行いました!
私、この歳まで設計の仕事をしていますが、これで三度目の餅まき。
ご近所のかた、ご親戚のかたにお声がけして行いました。



足場にもちまき用のステージを組んで頂いて、工事関係者でお菓子やパン、餅などを景気よく投げさせて頂きました!
大人も子供もおおはしゃぎで、撒いたお餅をかき集めてくださいました。





おちびちゃんも袋一杯にお菓子を詰め込んで満足して頂けたと思います。
餅まきは、建築主が地域の皆さんに家づくりを祝っていただく喜びの風習。
こういった風習はこれからも残して行きたいものですね。

セルフビルド石塀工事

龍川です。

上芳養のコートハウスの石塀工事が完成致しました!

今回、基礎の養生期間を活かして、上棟式前にクライアントによるセルフビルドの石塀工事を行って頂いております。

 

 

高く積み上げるごとに迫力が出てきますね!

室内からの見え方も考慮し、GLから約2.1m程度の石塀になる予定です。

角のエッジ出しは難しいのでクライアントのお知り合いの石屋さんにも手伝って頂き、綺麗に仕上がっています!さすが職人です!!

約2週間程度の工期で見事完成です。

ホームベース型の形状と上部に向いて細くなる台形の形状がより角のエッジを際立たせて、雰囲気のある石塀が無事完成しました!

クライアントには少々施工に手間をおかけしまいましたが、思い出に残る、素敵な石塀になりましたね!本当にお疲れ様でした!!

上芳養のコートハウス -着工-

龍川です。

本日、上芳養のコートハウスの現場に行ってきました。

現場は基礎配筋工事が順調に進んでいます。

平屋なので、やっぱり上から見ると基礎の面積は大きいです。

施工面積が大きいので、一般的な住宅の基礎よりも少し費用は高くつきますが、やっぱり過ごし易く、一般住宅では味わえない平面的な広がりを持った贅沢な空間になりそうです!

ふと現場を確認すると・・・?

謎の配管を発見です。

んんんん!?水道管かと思い、近くの水栓をひねっても配管に変化無し。

現場であれこれと確認し、配管が母屋からの敷地南側の倉庫に引っ張ってる電気の配線用配管だとわかりました。

現場に行くと大なり小なり何かしらの問題が発生するものです。

今回は特に大きな問題ではなく、配線を移設し、基礎をかわしてもらうように、現場監督さんにお願いしました。

こちらはクライアント工事となる石塀の石の写真です。

大きく迫力のある石塀になりそうです!!

次回、現場に行く時には完成しているかと思いますので、乞うご期待です!

現場100回

杉本です。
現在、和歌山県田辺市の上芳養で梅農家さんのご自宅の設計を進めています。
ようやくプランもまとまったところで、敷地のどこに建物を置くか現地で検討しました。

もと畑の敷地で300坪と広いのですが、ビニールハウスや倉庫などがあり、車の為の必要動線の確保など、実際にはわりとシビアな配置計画が必要な建物です。
工事は来年になるのですが、工務店さんに先に縄張りをして頂いて、クライアントと話し合い、1メートル位置を移動することになりました。

悩んだら現場100回。建築家も刑事もやることは同じですね(^-^;

上芳養のコートハウス(仮)

龍川です。

今年の春頃から進めている和歌山県田辺市の上芳養で新しい住宅の計画がスタートしております。

現在プランがおおよそ確定し、内外観パースの作成に進んでおりますので、少しご紹介させて頂きます。

今回計画している建物は広々した敷地形状にあった平屋の建物です。

水平にのびる庇と石塀が特徴的です。

外観はサイディングで、クライアントご希望の白色とし、質感のある「ゆず肌」塗装を計画しています。

また庇の内側部分の一部外壁は黒い杉板張りとし、外観のアクセントになっています。

LDK内部は小屋梁を表しにした開放感のある空間としています。

インテリアは白と黒のモノトーンを基調としながら、木の温かみを感じる空間となるよう計画しています。

来年の2月の着工を目指して、これから構造設計、実施設計と進んで行きます。