「みなべの家」オープンハウスのお知らせ

杉本です。本日はオープンハウスのお知らせです!
かねてよりシンクスタジオが和歌山県日高郡みなべ町で設計監理を行っていた「みなべの家」が無事完成を迎えます。 つきましては、クライアントのご好意により、オープンハウスをさせて頂くことになりました。


2019年3月23日(土)11:00~18:00 ・3月24日(日)10:00~18:00 の2日間開催します。今回のオープンハウスは申し込み制とさせて頂きます。 
参加ご希望の方は詳しい資料を送付させて頂きますので、シンクスタジオ問い合わせフォーム もしくは office@syncstudio.jp にお申し込み下さい。

先月に続いてのオープンハウスです!
みなべの梅農家さんのご自宅の立替のプロジェクトです。
実は一年ほど前に建てさせて頂いた「新庄のスクエアコートハウス」のクライアントのご実家の建替えです。

まったくテイストが違いますが笑
今回は恵まれた広い敷地に庭とのつながりをテーマにした平屋の住宅です。
二度目のお仕事させて頂けるのは光栄なことです!
皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。

みなべの家 -大工工事完了-

龍川です。

先日、「みなべの家」の現場監理に行ってきましたのでご報告。

現場は大工工事が完了しています。

大工さんがシンクスタジオの物件を何度もお願いしている大工さんだけあって安心の仕上がりです。

建具の吊り込みも終わり、内部工事は塗装、クロス、タイルの仕上げ工事を待つばかりです。

また同時に外構工事に進んで行きます。

今回、外構工事は本体工事に関わる一部以外の土間コンクリートや杉板型枠塀は施主工事になってます。

また植栽も建築工事とは別途工事にはなっていますが、シンクスタジオで書いた植栽図を元に植栽屋さんに予算に合う用に選定して頂いております。

今回、「みなべの家」では、何と言っても「庭」が大きな見せ場です。中庭や坪庭、和室庭、前庭、後庭など外周部を植栽で囲ったプランにしています。


様々な品種の草木を提案して頂いています。

さて、どんな庭になるか楽しみです!

餅まき 〜みなべの家上棟式〜

杉本です。
先日、みなべの家が無事上棟を迎える事ができました。
大阪ではなかなかお見かけする機会のない餅まき。
みなべの家の敷地がある和歌山県日高郡は、和歌山の中でも特に餅まきが盛んです。

クライアント一家はこの上棟に合わせて餅米を田植えするほどの力の入れようです。当日は朝の5時からご近所のかたにお手伝い頂き大餅つき大会(^-^)総数約一万個???の餅まき用の餅を作られたそうです!




私もお手伝いで、竣工まで事故のないよう願いながら景気よく投げさせて頂きました!何度か餅まきは経験がありますが、ここまで沢山の餅やお菓子を投げたのは初めてです。集まって下さったご近所さんご親戚にはずかしくないよう立派な家にしていきます!


みなべの家-着工-

龍川です。

みなべの家の工事がスタートしています。

こちらは既存写真です。

こちらは解体工事の様子です。

無事に解体工事を終え、更地になりました。

建物が無くなるとより一層、敷地が広く感じます。

日当りもかなり良さそうです。

こちらは外観イメージパースです。

南向きの大きな庭と深い庇が特徴的な落ち着きのある平屋の建物になる予定です。

また施主工事である杉板コンクリート塀も外観のアクセントになっています。

上芳養のコートハウスに続き、最近の担当物件は施主力で素敵な家に仕上げて頂いています!

これからいよいよ現場が始まります、上棟が楽しみです!

審美眼

杉本です。
先日(仮称)みなべの家のプレゼンテーションを行いました。
みなべの小高い丘の上に建つ梅農家さんのご自宅の建替えです。
和歌山県の耐震補強建替制度を使い、補助金を使った工事になります。

2階建ての今のご自宅が家族構成の変化に伴い使わない部屋が増えているため、
終の住処として老後の生活を考慮した平屋でご提案させて頂きました。



現在の母屋の生活を世襲したようなプランと、今の生活とまったく違うプランの二通りをご提案させて頂きましたが、後者の方を選んで頂きました。

年齢的に変化を望んでいらっしゃらないかなと思い二案出しましたが、杞憂に終りました。審美眼を持ったクライアントがいてこその私達の仕事です(^-^)

年度内の竣工に向けて、実施設計が始まります。