みなべの家-着工-

龍川です。

みなべの家の工事がスタートしています。

こちらは既存写真です。

こちらは解体工事の様子です。

無事に解体工事を終え、更地になりました。

建物が無くなるとより一層、敷地が広く感じます。

日当りもかなり良さそうです。

こちらは外観イメージパースです。

南向きの大きな庭と深い庇が特徴的な落ち着きのある平屋の建物になる予定です。

また施主工事である杉板コンクリート塀も外観のアクセントになっています。

上芳養のコートハウスに続き、最近の担当物件は施主力で素敵な家に仕上げて頂いています!

これからいよいよ現場が始まります、上棟が楽しみです!

審美眼

杉本です。
先日(仮称)みなべの家のプレゼンテーションを行いました。
みなべの小高い丘の上に建つ梅農家さんのご自宅の建替えです。
和歌山県の耐震補強建替制度を使い、補助金を使った工事になります。

2階建ての今のご自宅が家族構成の変化に伴い使わない部屋が増えているため、
終の住処として老後の生活を考慮した平屋でご提案させて頂きました。



現在の母屋の生活を世襲したようなプランと、今の生活とまったく違うプランの二通りをご提案させて頂きましたが、後者の方を選んで頂きました。

年齢的に変化を望んでいらっしゃらないかなと思い二案出しましたが、杞憂に終りました。審美眼を持ったクライアントがいてこその私達の仕事です(^-^)

年度内の竣工に向けて、実施設計が始まります。

(仮称)みなべの家 設計スタート!!!

杉本です。
ゴールデンウィークも近づき、シンクスタジオ事務所もお休みに向けてバタバタしてきました。毎年GW前は忙しく、今年も新しい物件のプレゼンがいくつか重なり、忙しい日々を過ごしています。

さて、今年の始めからご依頼いただいている新しいお仕事のご紹介です。
和歌山県みなべ町の梅農家さんのご自宅のご依頼。
じつは、新庄のスクエアコートハウスのクライアントのご実家です。
2度目のご依頼は滅多にないこと!設計者冥利に尽きます!(^-^)

田辺市の芳養(はや)でも一件、梅農家さんのご自宅をいま工事中なので、2件続いて梅農家さんのお家を設計させて頂いていることになります。

大阪の街中で生まれ育った私が、遠い和歌山の梅農家さんのご自宅を設計させて頂くのは少し不思議な感じもしますが、まったく反対の環境で生まれ育ったからこそ、住んでる人にはわからない環境の良さに敏感に気付くこともあります。

2度目のご依頼のクライアントの期待を裏切らないように、精一杯ご提案させて頂きたいと思います!