《ザ・現場》

杉本です。
先日、高槻のオフィスが無事上棟を迎える事ができました。
一時、世の中から鉄骨のボルトが不足し、着工のめどがたたない時もありましたが、ここまでくればもう安心です。






二階部分から大きな跳ね出しの建物になっているため、鉄骨建て方も苦労されていました。鉄骨の工事は《ザ・現場》な感じがしてワクワクしますね。


いままで図面や3Dパースなどで散々検討してきた空間ですが、実際に建ち上がって中に入れるようになると、やはり感無量です。
クライアントにも非常に喜んで頂き、設計者としても嬉しい限りです。

鉄骨製品検査 〜高槻のオフィス〜

杉本です。
先日、高槻のオフィスの鉄骨製品検査に行ってきました。
場所は京都の鞍馬にある鉄骨工場。


鉄骨造の建物は、木造と違い、現場に持ってくると組み上げるだけなので、
工場できちんと図面通り出来ているか、特に溶接部が不具合がないかを
入念にチェックします。



写真は溶接部の超音波探傷検査(UT検査)。
溶接内部に不具合がないかを超音波を使って調べます。



結果は問題なく合格。

スケジュールは順調に進んでいます。
次週の鉄骨建方工事、お天気晴れますように。。。

高槻のオフィス 鉄筋工事

杉本です。
長い長いGWにともなう慌ただしさもやっとのことで一段落しましたが、
近頃現場が多く、新しいご依頼なども続き、好きなゴルフもままなりません。。。(T人T)
なので真面目に仕事している所を久しぶりにブログに上げますね笑

高槻で始まっている、企業オフィスの新築工事現場。
鉄骨の高力ボルト不足問題も無事解決し、現場は順調にすすんでおります。



みっちりと入った鉄筋は、それだけで構造上十分持ちそうな迫力です。



鉄筋工事の職人さん。夏のような日差しのなかご苦労様です。

現場では基礎を作りながら、打合せでは鉄骨の詳細納まりを何度も図面をやりとりして、やっと製作に入る事が出来ました。
鉄骨造は木造と違って、図面の段階で細かい所まできっちり詰めておかないと、現場でなんともなりません。

次は鉄骨の工場での製品チェックの工程に入って行きます。

(仮称)高槻のオフィス 設計スタート!

杉本です。
四月から保育園の送り迎えがなくなって、ほっとしたのもつかの間。
小学校は早く帰ってくるので、事務所で子供達が勉強したり、絵を描いたり。。。「お父さん。。。これ教えてー。。。」「おとうさーんお腹すいたー。。。」「おとうさーん。。。」もしかしてこれは前より落ち着かないのでは???( ̄▽ ̄;)と感じ始めている今日この頃です。。。

さて、閑話休題新しいお仕事のお話を。。。
1年ほど前に事務所新築のお話でご相談があり、今年になって改めてご依頼がありました。シンクスタジオの事務所のデザインが前から気になって下さってのご依頼です。ありがたいことですね!


敷地は高槻城跡すぐそば。城跡と聞くとわくわくしてしまう私。
高槻城というと高山右近。敷地北側は神社があり、敷地前は旧街道。



〈写真は城跡公園内の高山右近像〉

敷地の持つ歴史的背景に心トキメキます。。。
ご提案精一杯頑張りますね!