保育園参観

杉本です。
六月も終盤に入りました。大阪も梅雨がそろそろ本番ですね。
その合間に、先日下の娘の保育園の参観に行ってきました!

子供の通っている保育園は大阪市北区の狭い敷地に建つビル型の保育園です。
教室の周囲を緑化して気持ちのよい建物です。
竣工から3年経ち、緑も青々と茂ってきました。

第35回大阪まちなみ賞大阪府知事賞を受賞している素晴らしい建物です。

上の息子と下の娘、二人合わせて8年間通った大切な思い出の場所。
その日は七夕の製作の参観でした。



子供にとって、緑にあふれた保育園で学んだ6年間は
きっと将来にいい影響を及ぼすと思います。

残り少ない保育園生活。親子共々大切に過ごして行きたいと思います。

銀世界

亜希です。
この冬はよく雪が降りましたね。
先日、雪の安曇川へ行ってきました。
積もってるだろうな〜とは思ってましたが、予想以上の大雪にビックリ!
雪かきをしないと家にたどり着けないほどでした。

でも、子供たちは大はしゃぎ。
寒さなんてへっちゃらでずっと雪の中で遊んでました。

定番の雪だるま。
頑張って大きいのを作ります。

ゆいは途中でちょっと一休み。

立派な雪だるまが出来上がりました!

その他にもかまくら迷路を作ったり、ソリをしたりして雪遊びを満喫しました。
たまに雪が降ると子供はもちろん大人もワクワクします。
寒かったけど、冬を満喫することができました!

こどもの成長

こんにちは、亜希です。
育児を理由(言い訳?)にブログをすっかりご無沙汰してました。
気が付けば久しぶりのブログです。
その間、子供たちはずいぶん大きくなりました。清太朗は5歳、唯は3歳。
昨年は七五三でした。その時の写真がこちら。

清太朗は3歳くらいまではみんなが踊っているお遊戯でも一人だけ踊らずに後ろを
向いているような子供でしたが、5歳くらいから何でも積極的に取り組むようになりました。
今はサッカーに夢中。
週1回のレッスンと自宅での自主練(父とパスを延々と続けてる!)を頑張ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯はどんどん女の子らしくなってきました。おしゃべりがとても上手。
「さしすせそ」を「ちゃちちゅちぇちょ」としか言えないのがたまらなく可愛い。(親バカ?笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育児と仕事と家事で本当に忙しい毎日ですが、子供たちが大きくなってきて少しずつ余裕も出てきました。
今後は子供の成長記録も兼ねてブログも頑張りたいと思います!

冬の日曜日

亜希です。
この週末はとても暖かかったですね。
寒い冬は子供たちをなかなか外で遊ばせてあげれないので
暖かい時に扇町公園に行ってきました。

清太朗は大きな滑り台やボール遊びに大はしゃぎ。
最近はボールを投げたり蹴ったりするのも上手になってきました。

唯はもうすぐ1歳5ヵ月。まだヨチヨチ感はありますが大人が感心するくらいよく歩きます。
ボール遊びも強引に参加してお兄ちゃんのボールを奪っては逃げ回っていました。

兄妹は一緒にいると「仲良く遊ぶ」+「喧嘩」の繰り返しです。
唯は小さいのに負けん気が強くて兄に叩かれる前に自分から手を出して
兄を叩きます。
でも、そうかと思えば髪の毛をくくってあげたりするととても喜んでキラキラした目で
「どう?似合う?」というような感じでアピールしてきます。
清太朗が「かわいい」と言ってくれるととても嬉しそうに「た~いい」(←かわいいと言ってるつもり)と言って喜ぶのをみると「女の子だな~」と思います。

そして今日は節分。負けん気の強い唯がすごく怖がる鬼がやって来ました。

案の定、号泣でしたが泣きながらも鬼を手で叩いているのを見て「やっぱり女子は強い」と
思いました。
ちなみに清太朗は父の背中に隠れて涙目になっていました(笑)

来年の節分には清太朗が唯を守って鬼退治してくれるかな~?

愛媛旅行

亜希です。
夏の終わりに家族で愛媛県へ旅行に行ってきました。

1日目はしまなみ海道の大三島にある3つの美術館を見学。

まずは「ところミュージアム」へ。
斬新な彫刻アートに子供たちは大興奮。
オープンテラスからの眺望は圧巻です。

 

次は「伊東豊雄建築ミュージアム」へ。

伊東豊雄さんの自宅を再現している「シルバーハット」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四種の多面体を連結した「スティールハット」

1日目の最後は「岩田健母と子のミュージアム」(設計:伊東豊雄)へ。

半屋外型の建物の中にたくさんの彫刻が展示されています。

2日目は「伊丹十三記念館」(設計:中村好文)へ。

美術館ばかりでなく、子供へのサービスも。
道後温泉では「坊っちゃん列車」に乗車。

「愛媛県総合科学博物館」(設計:黒川紀章)で清太朗の大好きな恐竜も見ました。

「カフェ・ラ・ミール」(設計:谷尻誠)でスイーツも堪能。

最終日は「坂の上の雲ミュージアム」(設計:安藤忠雄)を見て帰路につきました。
小さな子供連れでの旅行は大変ですが、それ以上に大人も子供も楽しめました。
やっぱり年に1度くらいはいい建物を見て思いっきり遊ぶのがいいですね。