宝塚のマンションリノベーション竣工写真

杉本です。
宝塚のマンションリノベーションの工事も無事終了し、竣工写真を母倉さんに撮影して頂きました。

小さなマンションの中にも、クライアントのこだわりが一杯詰まった素晴らしい空間になりました。
工事が終るのが名残惜しかったです(T人T)
貴重な機会を与えてくれたクライアントご家族に感謝!!!

造作仕上げ工事

杉本です。
宝塚のマンションリノベーション。
造作仕上げ工事の進行状況です。

この物件では、クライアントが収集して来た民族家具に合わせて
インテリアを素材と色を決定しています。



民族家具と色合わせして決めているところ。



ダイニングのボリュームはゼブラウッド突き板で一つの大きな家具のように見せています。



コーナーディティール



上部の間接照明の実験をしているところ

工事も終盤に入りました!
工事関係者の皆様、あと一踏ん張りよろしくお願い致します。

鉄骨階段

サクラもすっかり葉桜になってしまいましたね。
花見の時期に巷では風邪が流行っていましたが、私も10日間程使い物に
ならなくなっていました・・・。
体だけは強いつもりでいましたが、点滴を何度打っても回復せず、仕事も山のように
溜ってしまいました。。。事務所のみんなには迷惑をかけましたm(_ _)m
みなさんもいつまでも若いと思っていると、一気に無理が来ますのでご用心を。

さてさて、シンクスタジオ工事は私が寝込んでいる間も順調に進んでいます。
階段の吊り込みの様子。建て方が無事に終わり、ブレースが入りぐっと
丈夫な鉄骨躯体が見えて来ました。






シンクスタジオは地下1階地上3階建てですが、その中に表情の異なる5つの鉄骨階段が取り付きます。
ブリッジまで合わせると計6つの階段がこの建物の意匠上のポイントでもあります。
鉄骨階段は今回は鉄骨工事の安東工業所さんに作って頂きました。
レーザー加工された稲妻階段やキャンチレバーの25ミリの亜鉛メッキ階段など
難しい形状ばかりでしたが、綺麗に作って頂きました。



テラスのキャンチ階段。飛び込み板のように跳ね出してます。


屋上から淀川を望む。想像以上の景色です。
頑張ってこの敷地を買った意味がありました。


デッキプレートが入って、スラブコンクリートを打設。
コンクリートが乾いたら次は外壁の下地となる鉄骨胴縁工事です。