阿倍野の家の1stプレゼン

杉本です。

先日、(仮称)阿倍野の家の1stプレゼンを行いました。
敷地は阿倍野に新しく出来たキューズモールやアンド、フープなども近く
都市型の生活を営むにはもってこいの場所です。


便利な場所なので、当然地価は目が飛び出る程高いので土地のサイズは18坪の狭小地。
商業地域で周辺も建て込んでいる為、光の取り入れ方を徹底的に検討しました。



石膏彫刻のような外観の家や・・・



半地下スキップの家・・・



NYのsohoのような(イメージです(笑)らせん階段の家・・・

クライアント夫妻とは土地探しからご一緒させて頂いているので、どのような建物が
好きかもよくわかっているのですが、あえて違う案も出させて頂きました。
違うパターンを出すことで、敷地の特性が見えてきます。

楽しい家が出来そうで、最終的にどのような家になるのか
設計者としても今から非常に楽しみです。