豊里のリノベーション 解体工事

杉本です。

豊里のリノベーションの解体工事が目処がつきました。


丁寧に解体して頂いたので、少し時間がかかりましたが、
やっとのことで、構造体を除いてほぼスケルトン状態です。
10月の竣工を目指して、ここから一気に各工事が進んで行きます。

職人の皆様、熱中症に気をつけて安全によろしくお願い致します。

 

和歌の浦アート・キューブ

杉本です。

昨日、和歌山での打合せの合間に
前から見たかった和歌の浦アート・キューブを見学して来ました。

和歌の浦は万葉集にも詠まれた古からの風光明媚なる地で、
近世においても天橋立に比肩する景勝地と言われていたそうです。

施設を簡単に説明すると・・・
多目的ホール、小ホール、アトリエ、スタジオ、カフェからなるアートコンプレックスです。
ホールの周りをL字に路地を取って、その他の棟を大屋根で繋いでいます。
日差しが熱い一日でしたが、大屋根の下にさわやかな風が吹いていました。

外観写真

劇場棟の着色コンクリート打ちっぱなしの仕上げ

素地銅版一文字葺
築10年ほど経って、設計者の意図通り銅板がいい感じに風合いが出てきています。

平日に訪れたので、人影はまばらでした。
次回はにぎわいのあるイベント時に訪れてみたいものです。

新庄のスキップハウス 基礎配筋検査

井上です。

例年ではもう梅雨入りしている時期ですが
未だ梅雨入りはせず、天候に左右されることなく
新庄のスキップハウスの配筋工事が完了しました。

配筋検査も問題なく終わり、職人さんが基礎を打ってくれています。

そして2日後、6月なのに晴天の中綺麗にコンクリートが打設され

これから、立ち上がり部分を打っていきます。

今回は、スキップフロアで各フロアが互い違いに重なっているため

軸組もとてもおもしろい形をしています。

7月初旬を予定している上棟が今から楽しみです!

東大阪のクリニック/足場がとれました!

杉本です。

楽しみにしていた、東大阪のクリニックの足場がついに撤去されました。

設計者としては自分が考えた建物の全貌が表れる、一番楽しみにしている1日です。
今回外壁はシルバーのガルバリウム鋼板一文字張りです。なかなか綺麗に仕上がっています!
ポツポツとランダムにあけた正方形の窓と一文字張りの割り付けを
デザイン上のポイントとしていたので、足場が取れるまで心配していましたが、
綺麗に納めてもらって、ほっと一安心。

これで暗い夜道も、行灯のように街路を明るく照らすクリニックになるはずです。

内装工事も残すは三週間。
工事関係者の皆様、ラストスパートよろしくお願い致しますm(_ _)m

「新庄のスキップハウス」地鎮祭

杉本です。
随分と前に梅雨入りしたのに全く雨が降りませんねー。
現場は工事の進捗が良くありがたい限りですが、
農作物のことを考えるとあまりのカラ梅雨も困りものですね。

さて、昨日田辺市新庄で「新庄のスキップハウス」の地鎮祭が執り行なわれました。

北側に田辺湾を望むことが出来る敷地です。

お向かいの建物の足場から取らせて頂いた写真

1.5階のLDKから素晴らしい景色が広がる予定です。
模型やCGで十分に検討をしていますが、やはり実際に見るまでは安心できません。

骨組みが立ち上がるのを楽しみに、まずは基礎工事・建方工事の打合せをきっちりと
進めて行きたいと思います。