亀岡2号棟 冬の現場監理

こんにちは、井上です。

一旦寒さが落ち着いたと思いましたが、ここ2、3日はこの冬一番の冷え込みですね。
そんな寒い中、亀岡へ現場監理へいってきました。
ポーチ部分の杉板型枠コンクリートも打設し、外観の形が出来てきました。
前回の照明の検討に引き続き、壁と天井に貼る材を現場で検討しました。

今回は、黒の塗装を施した杉板を使用します。
ツヤの有る無し、塗装の種類の違いで4種類の’黒’を作っていただきました。

壁と天井が黒の空間がどのようになるのか、仕上がりが楽しみです!

そして、この建物は南西側が山に接しており、かつ床面積が広いため
光が建物内まで届かないという現状にありました。

そこで建物内に光を入れる装置として、ガラス張りのサンルームとトップライトを設けました。

直接、太陽光が射込むのは少しの間ですが、間接光により建物内が明るく照らされています。

まだまだ寒い日が続きますが、引き続き現場管理よろしくお願いいたします!

岩出の平屋 地鎮祭

こんにちは、龍川です。

先日、岩出の平屋の地鎮祭が行われました。

現場についた時には少し小雨が降っていましたが、

地鎮祭の開始の時には雨も上がり、とてもいい地鎮祭日和でした。

 

私が仕事を始めて今回で地鎮祭4回目ですが、それぞれの神社によって「地鎮祭」のやり方に違いがあり、それが楽しみでもあります。

今回はいつもより、神主さんのお祈りの声がとくに力強く、土に響いていくような印象の地鎮祭でした。

節分を過ぎれば、いよいよ着工です。

敷地裏には梅林もあり、上棟式を過ぎた工事半ばにはキレイな花を咲かしてくれることでしょう。

現場監督さん、大工さん、職人さんとともにこれから5ヶ月間かけて、精一杯いい建物にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。