岩出の平屋 -現場打合せ-

龍川です。

先日、岩出の平屋の現場打合せに行ってきました。

上棟後は外周部のサッシも入り、雨仕舞いまでは終わっています。

ユニットバスも施工が終了しています。

筋交い等の金物も入っています。

現場では、納まりが難しい箇所は監督さんと大工さんを交え、よりよい納まりになるよう事前に打合せをします。現場が進み工期が迫ってくると納まりが荒くなることもあるので、早め早めの打合せです。

今回は監督さんがベテラン中の大ベテランのため、「こっちの納まりの方がきれいやな!」と教えて頂き、色々と勉強になります!

現場では写真を撮ったり、図面と照合したり、監督さんや大工さんと打合せしたりしていると、すぐに時間が経ってしまいます。今日も気づけば3時間程経っていました。個人的にはいつまででも現場に居れますが、現場にいると大工さんの手を止めてしまうので、程々にしなくてわ・・・w

明日に架ける梁

こんにちは、ミヤタです。
今週は春らしい暖かさになるみたいですね。

さて、こちらは和歌山県白浜町で新しく計画を進めている
木造住宅の敷地調査に行った時の写真です。

敷地の北西方向に海が見えるので、
その眺望を活かした広がりのあるLDK空間を
目指しています。

そしてこちらがプレカット図です。
正確にはプレカット図に付いている木構造立体図です。

今は、ほとんどの工事現場に入ってくる木材、構造材が、
あらかじめ工場の機械で切断して、継ぎ目の加工がされたものです。

機械加工にも制限があるので、
こうして、
梁をどっち方向にかけるか、
垂木(屋根材)はこっち方向になってくるなど
木材を架ける方向を打ち合せながら進めています。

見積りをお願いしているので、
でてくるまで期待と不安でいっぱいです。

梅の咲く中で・・・

龍川です。

3月に入り、最近暖かくなったかと思えば、またすぐに寒くなる日が続いています。

すぐそこまで来ている春が待ち遠しいですね。

先日、岩出の平屋の上棟式に行ってきました。

周辺の建物は2階建てが多いので、平屋ながらとても存在がありました。

写真は建物各角の柱に、大工さん、設計者、施主さんが塩と酒でお清めをしているところです。

こちらは中庭の写真です。

光や風や緑を感じることができる中庭を家の中心に設けています。

こちらは敷地南側にある梅の木です。

上棟式のこの日はちょうど花が咲き、見頃を迎えていました。

LDKと和室からはこの梅の木を眺められる計画としています。

無事上棟式を終え、これから6月末の竣工に向けて、現場監督さんと大工さん、各業者の方々と共に、すばらしい家にできるよう精一杯頑張りたいと思います。