あけぼののリノベーション -解体工事-

龍川です。

あけぼののリノベーションの解体工事が始まっています。

こちら1階の解体の様子です。

柱、梁、合板はとても綺麗な状態です。

基礎のベースコンクリートも特に問題が無さそうです。

次に2階の解体の様子です。

屋根裏には御幣が見えています。

2階はやはり採光条件もよくとても明るいです。

小屋梁の一部には丸太も利用されています。

もう少し解体を進めていき、既存建物確認を行い、構造補強工事に移ります。

松原の家 – 地鎮祭

こんにちは、井上です。

先日、松原の家の地鎮祭を行いました。

朝方まで雨が降っていましたが、無事天気も回復し晴れ間の中執り行うことができました。

祭壇が立派で、竜笛(りゅうてき)と呼ばれる横笛の演奏も行われました。

神主の方が2人で祭事を執り行ったり、施主・施工・設計と入った’たすき’をかけたりと土地の個性もあり、とても素敵な地鎮祭でした。

ついに今週末から着工する”松原の家”。

外構やプレカット、配管等の検討も始まり、すっかり現場モードに突入しました。

夏の猛暑の中の作業が多くなるとは思いますが、
工務店のみなさま よろしくお願いいたします。

岩出の平屋 -内部下地・屋根工事-

龍川です。

先日、岩出の平屋の現場に行ってきましたのでご報告。

内部の下地工事が進んでいます。

天井部分は今回シナ合板目透かし張り仕上げとし、こちらは仕上げをする前の下地段階です。

内部の間仕切壁もおおよそ出来て、部屋の大きさが分かってきました。

四方をサッシで囲まれた中庭は、天井がないので外なのですが、模型やパースで見るより、実際に部屋から見ると内側の空間のように感じます。けどやっぱり天井が無いので、明るい外の空間なので、なんだか外と内の中間のような、そんな空間になりそうです。

今回、屋根材はガルバリウム鋼板の竪ハゼ葺きを採用しています。

棟部分以外はおおよそ終わっています。

こちらは外壁の焼き杉板のサンプルです。

今回、この焼き杉に塗装した目板(杉板と杉板の間の化粧押縁材)を設ける計画にしています。

写真は目板のサイズを現場で確認しています。

今回、外部も木を扱うので、中も外も大工作業になるので大工さんは大忙しです。

どうぞ引き続き、現場作業よろしくお願い致します!

 

松原の家

こんにちは、井上です。

やっと暖かくなったと思った矢先、すでに昼間の日射しがジリジリ感じますね。
毎年GWのタイミングで気温がグッと上がる気がします。

先日、一昨年より計画を進めていた松原の家のGL設定を現場で行いました。

これまで住まれてきたお家と共同住宅を解体し、新たに住宅+茶室を計画します。

こちらは解体のビフォーアフターです。
before

after
地面が姿を現すとこれから現場が始まるんだな、とモチベーションが高まります。

完成予想パースです。

今月末に地鎮祭を控え、着工に向かっていきます。
初めての茶室の計画は不安もありますが、頻繁に携われるものではないので
楽しんで取り組みたいと思います。

年末の竣工に向け、監督さんや業者の方とともに機能的かつ、温かみのある空間を目指します!!