松原の家 -外壁塗装完了-

こんにちは、井上です。

昨日は、近畿地方で木枯らし1号が吹いたそうで本日も涼しい朝ですね。

そんな中、梅雨時に着工した松原の家の工事が順調に進んでおり
先日、外壁を塗り終えました。

外壁は、クライアント希望の黒でまとめており破風を板金のシルバーに
することでメリハリを付けています。

手前の茶室と2階に設けられた雨戸もアクセントになり、ファサードに
表情を与えてくれています。

こちらが雨戸の塗装サンプルです。

外部であることと、雨戸がくっきり目立たないことを考慮し
一番下のウォルナット(キシラデコール)でまとめることとなりました。

そして、手前の平屋 茶室部分は最初の写真ではわかりづらいですが


校倉というデザインの外壁で左官職人にくし引きの金物を使ってもらい
手作業の暖かみが感じられる外壁となりました。

この校倉は切妻屋根の三角形部分がとても難しく、綺麗に塗るために
サンプルを作成し確認の上、本番に臨んでいただきました。

来月のはじめには足場も外れ、内装の工事と平行しながら
外構も施工していきます。

年末の竣工に向け、忙しくなりますが現場監督、職人の皆さん
もう一踏ん張りよろしくお願いします!

新プロジェクト ーオフィス 移転工事-

こんにちは、井上です。

以前、現場調査を行った神戸市のオフィス テナント工事の指名をいただきました!!
ご声援ありがとうございました!笑

大まかなレイアウトは、そのままでデザインのテイストを2パターン提案
させていただき、ラフなテイストを用いたデザインで決定しました。

ラフな白塗装を施したレンガ壁

リフレッシュエリアのパーゴラ

古材調のR壁

ラスティック加工したナラ
ラフに白塗装を施したレンガ壁
芝生調カーペットタイル 等
普通のオフィスでは、あまり使用しない素材を使用し、オフィスのマイナス要素を緩和しています。

住宅の工期と違い、オフィスでは早い決断・検討を必要とするので、遅れることなく
これからの打合せや現場監理に臨みたいと思います。

マンションリノベーションのお仕事

杉本です。
気がつけば秋の気配。シンクスタジオ一同おかげさまで忙しい毎日を過ごしております。
近頃は住宅以外を設計させて頂く機会が増え、新しいことに挑戦しながら新鮮に仕事をさせてもらっています。

この秋は久しぶりにマンションのリノベーションをいくつか取り組ませて頂いています。
シンクスタジオにご依頼頂くマンションのリノベーションは、ほぼ全体をデザインさせて頂くことが多いので、計画も難しいものが多いです。
同時にクライアントのご要望も中々のレベルです(^-^)

 
細かな制約を一つずつ解きながら、全体のデザインを統合して行く。
難しい作業ですが、やりがいのある楽しい仕事です。

パースは現在和泉市で計画してるマンションリノベーション。
海外生活の長かったクライアントのテイストをひもときながら徐々に形になってきました。

各スタッフも様々な経験を積んで、レベルアップしてきました。
頼もしいスタッフとともに今後もよりレベルの高いデザインに挑戦して行きたいと思います。

阿倍野マンションリノベーションー現地調査ー

龍川です。

さて阿倍野マンションリノベーションのプレゼンテーションに向け、現地調査にやってきました。

マンションをフルリノベーションを行う際、肝心になる1つとして既存図面の入手です。
クライアントがお持ちの場合もあるのですが、ただしマンション購入時に貰える図面は簡単な平面プランだけの場合が多いです。
実際にリノベーションの図面を書く場合は、詳細の図面が必要になってきます。
建物の梁や柱などの構造や電気や衛生機器などの設備の図面の入手がとても重要になってきます。

マンションに管理組合がある場合はそちらで詳細の図面を入手できる場合が多いです。
今回、阿倍野マンションリノベーションの場合はマンション自体が公共施設や店舗などとの複合施設だったこともあり、
管理組合に膨大な図面のがあり、その中からクライアントのお部屋の図面を探し出す作業はなかなか大変な作業になりました。

無事図面も見つかり、プラン検討の準備が整いました、いよいよスタートです!!

阿倍野マンションリノベーション始動

龍川です。
暑さも和らぎ、もうすっかり秋ですね!

さて、気候も良くなりプロジェクトも続々と始まっています。
その内の1つの阿倍野マンションリノベーションが始動しました!

築27年のマンションを間取り変更からのフルリノベーションする計画です。
クライアントの夢の詰まった住まいをご提案できるよう、1stプレゼンテーション全力で頑張ります!
乞うご期待です!!