東淀川の家 オーダーキッチン

杉本です。
(仮称)東淀川の家の上棟式後、オーダーキッチンのクッチーナさんにて最終のキッチンの仕様確認作業をしてきました。




模型とパース、実際の仕上げ材を見ながらキッチンの細かいサイズや、仕上げの質感、備品の選定など、オーダーキッチンならではの細かい確認作業を進めて行きます。







家づくりでもっとも楽しい時間ですね(^-^)

家族のこと、料理のこと、生活のことを細かく確認しながらの楽しい打合せ時間はあっという間に過ぎて行きます。

暑くなってくるとつけ麺です。

こんにちは、宮田です。

日中すっかり暑くなってきたので、
ラーメン屋に行っても、つけ麺を選んでしまいます。

気をつけないといけないのは、
同じ値段で麺の量を選べる店が多いので、
どうせならと大盛りを頼んでしまうことです。

ついつい食べ過ぎて、
店を出てから反省です。

東淀川の家 上棟式

杉本です。

昨年より進めている(仮称)東淀川の家 が先日無事上棟を迎えました。
この家は、旗竿敷地に建つ三階建ての木造住宅です。
周辺環境は東海道新幹線、阪急千里線、JR貨物線に三方を囲まれた、三角州状の街区割りになっており、大きな車が入りにくいため、私の住む中津と同様にノスタルジーを感じさせる町並みです。


写真は上棟式の様子。

木造三階建ての建物ですが、旗竿敷地でレッカーが入らないため、手上げで全ての構造材を搬入しています。
想像通りなかなかの重労働です(^-^; 大工さん達に頭があがりません。

無事屋根まで組み上げて、みなで工事の無事を願いました。

三階まで上がると、廻りの建物からすっぽりあたま一つ抜け出した形になり、環境的にも心地よい空間です。
7月末の竣工に向けて、工事現場は加速度を増して進んで行きます。

蜂伏の家 地鎮祭

こんにちは、宮田です。

去年から設計をすすめていました「蜂伏の家」が先日、地鎮祭を迎えました。
蜂伏の住宅01
上棟式02

最近は暖かくなってきましたが、
季節の変わり目の不安定な天気が続き、
当日は雨のなか地鎮祭が執り行われました。

約半年間の工期。
棟梁、現場監督、よろしくお願いします。

決めるということ

杉本です。
大阪も桜は満開を過ぎて、そろそろ葉桜になりかけています。
新年度も始まり、子供達もそれぞれにひとつ上の学年に上がって
新しい生活を楽しんでいます。

シンクスタジオも新年度の新しい案件のご紹介を少し。。。

田辺で取り組んでいる(仮)新庄のコートハウスが上棟を迎えて、現場ではこつこつと下地作業を進めています。工事現場的に劇的な変化は少ないですが、設計の仕事から言うと全ての部材・備品の承認をするため、
クライアントや各工事業者さんと打合せを数多く行う時期です。

設計事務所の仕事というと、間取りを書いて、模型を作って終わりと思われがちですが、実際はクライアントにも工事業者にも見えないところで、相当な時間をつかって、設計者として建物の性能のバランスなどを部材や商品一つ一つ、もっとも適切な答えかどうかをこの時期に再考する必要があります。
場合によっては設計と同じくらいの時間を要する場合もあります。

目立たない作業ですが、この作業で建物のレベルが1段も2段も上のレベルに変わります。設計は華やかな仕事と思われがちですが、実際は何度も何度も自問自答を続ける地道な作業の上に成り立っています。

工事現場はこれから外壁やサッシがついて、ぐっとスピードアップして行きます!