吹田の家 屋根工事

木野です。
先日、吹田の家の現場確認に行ってきました。
職人さんの後ろについて、屋根の上まで
なんとか登り、板金の納まりを確認します。

三角屋根のラインがきれいに見えるように屋根の
軒先部分はつかみ込み納まりとして、竪ハゼ部分の軒先部分を折り込んでもらっています。
手作業で一本ずつ折り込んでいただく細かな作業ですが、
そうすることで下から見た時にスッキリとした印象になります。

シンプルな三角屋根だからこそ細かなこだわりが重要になってきますね。
現場監理
引き続きがんばっていきます!

今里のガレージオフィス 配筋チェック・鉄骨検査

杉本です。
すっかり春めいてきました。春は始まりの季節。
シンクスタジオの新しい現場もスタートしています。

昨日、今里のガレージオフィスの配筋チェック・鉄骨検査に行ってきました。
午前中は配筋検査。
難しい箇所も問題なく綺麗に組み上がっています。

昼からは鉄骨の工場にお邪魔して、鉄骨製品検査と各種打合せ。
構造的、法的にも今回の工事監理の最重要ポイントです。

工事着工から、鉄骨工事会社と図面のやりとりをしていて、きちっとした仕事をする会社であることはわかっていました。
書類内容の確認、会議内容ともに非の打ち所がありません。
鉄骨製品も精度良く仕上がっており、工場長とお話しさせていただいても、鉄骨の仕事に愛情と誇りをお持ちなことが伝わってきます。
一事が万事、こういうプロ意識の高い工事業者の方は工事も安心してお任せできます。

次回の現場での鉄骨の建て方が楽しみです。