吹田の家 屋根工事

木野です。
先日、吹田の家の現場確認に行ってきました。
職人さんの後ろについて、屋根の上まで
なんとか登り、板金の納まりを確認します。

三角屋根のラインがきれいに見えるように屋根の
軒先部分はつかみ込み納まりとして、竪ハゼ部分の軒先部分を折り込んでもらっています。
手作業で一本ずつ折り込んでいただく細かな作業ですが、
そうすることで下から見た時にスッキリとした印象になります。

シンプルな三角屋根だからこそ細かなこだわりが重要になってきますね。
現場監理
引き続きがんばっていきます!

今里のガレージオフィス -看板検討&仕込配線-

龍川です。

先日、今里のガレージオフィスの現場に行ってきましたのでご報告いたします。

現場では無事、建て方工事も終えて、中間検査(2階床版の打設)の準備にかかっています。

こちらは現場の大通りから1本入った道からの様子です。

スーパー玉出横の道から現場が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回現場で1番見ておきたかったのは、看板位置です。

建て方を終えるとおおよその建物のサイズ観が分かってきます。

当初、建物東側壁面に横長に「RESORT BOX」の文字看板を入れる予定だったのですが、道路から見ると隣地建物で見えにくいので、検討が必要そうです。

またこちらは敷地前の前面道路から建物を見た所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面側の看板に関して、窓上に付ける予定だったのですが、実際に建て方後の建物を見ると、窓下の低い位置に付ける方がバランスも良く、また目立ちそうだな・・・と色々と思考が巡ります。

もちろんパースである程度考えているつもりですが、やっぱり現場に足を運ぶことは大事です。

図面だけで見るバランスと実際に現場で見て感じるバランス、印象のズレを現場で修正していきます。

こちらは内観の写真です。

コンクリート打設前に仕込配線の確認をしていきます。

今回、ガレージ天井がデッキプレート化粧表し仕上げのため、配線を隠蔽できるように配慮しています。

少し配線足りてなさそうな場所があったので、一部電機屋さんに追加してもらい現場確認終了です。

いつも現場に行くと色々と気になることが多く、それらを確認するだけでも、すぐに時間が過ぎてしまいます。現場ならではの発見も多く、個人的には現場が大好きですが、ずっと現場にいると図面が進まないので程々にしないとだめですね。

 

今里のガレージオフィス -受入検査&コンクリート打設-

龍川です。

先日、今里のガレージオフィスのコンクリート打設工事の立ち会いに行ってきました。

最近、生コン車の運転手さんはかなりの確率で女性がされています。

大きな生コン車の運転から生コンの搬出まで手際が良く、さすがプロのお仕事です。

まだまだ男性が多い現場仕事ですが、カッコいい女性が活躍する機会がだんだん増えてきたように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各種受入検査の立ち会いも無事終え、いよいよコンクリート打設です。

10人前後の現場の方々が、手際良くつぎつぎにポンプ車の搬入や搬出、

ポンプ車の操作、コンクリートのバイブレーター、ならし作業など行います。

特に誰かが大きな声で指示を出すこと無く、あうんの呼吸で流れるように現場が進んで行きます。

そしていよいよ、来月の上棟に向けて、階段やファサード壁の鉄骨胴縁図面チェック急いで頑張りたいと思います。

今里のガレージオフィス 配筋チェック・鉄骨検査

杉本です。
すっかり春めいてきました。春は始まりの季節。
シンクスタジオの新しい現場もスタートしています。

昨日、今里のガレージオフィスの配筋チェック・鉄骨検査に行ってきました。
午前中は配筋検査。
難しい箇所も問題なく綺麗に組み上がっています。

昼からは鉄骨の工場にお邪魔して、鉄骨製品検査と各種打合せ。
構造的、法的にも今回の工事監理の最重要ポイントです。

工事着工から、鉄骨工事会社と図面のやりとりをしていて、きちっとした仕事をする会社であることはわかっていました。
書類内容の確認、会議内容ともに非の打ち所がありません。
鉄骨製品も精度良く仕上がっており、工場長とお話しさせていただいても、鉄骨の仕事に愛情と誇りをお持ちなことが伝わってきます。
一事が万事、こういうプロ意識の高い工事業者の方は工事も安心してお任せできます。

次回の現場での鉄骨の建て方が楽しみです。