亀岡2号棟 冬の現場監理

こんにちは、井上です。

一旦寒さが落ち着いたと思いましたが、ここ2、3日はこの冬一番の冷え込みですね。
そんな寒い中、亀岡へ現場監理へいってきました。
ポーチ部分の杉板型枠コンクリートも打設し、外観の形が出来てきました。
前回の照明の検討に引き続き、壁と天井に貼る材を現場で検討しました。

今回は、黒の塗装を施した杉板を使用します。
ツヤの有る無し、塗装の種類の違いで4種類の’黒’を作っていただきました。

壁と天井が黒の空間がどのようになるのか、仕上がりが楽しみです!

そして、この建物は南西側が山に接しており、かつ床面積が広いため
光が建物内まで届かないという現状にありました。

そこで建物内に光を入れる装置として、ガラス張りのサンルームとトップライトを設けました。

直接、太陽光が射込むのは少しの間ですが、間接光により建物内が明るく照らされています。

まだまだ寒い日が続きますが、引き続き現場管理よろしくお願いいたします!

コメントは受け付けていません。