新庄のスクエアコートハウス -キレイに納める-

龍川です。

先日、新庄のスクエアコートハウスの現場監理に行ってきましたので、写真をご紹介。

これは浴室の折れ戸のサッシの写真です。

今回、お風呂のバスコート側の壁に目一杯の折れ戸のサッシを設置しています。

折れ戸を開け放つと開放感があり、露天風呂に早変わりします。

ただこの「目一杯」というのが実際難しいです。

浴室の壁に対して、目一杯に施工するためには、防水の厚みや仕上げのタイルの厚み、外壁の厚み、施工誤差等も考慮し、現場で何度も打合せを重ねました。

ミリ単位でサッシをオーダーして作ってもらいました。

現場ではしっかりキレイに納まり一安心です。

些細な事ですが、仕上がりを左右する僕ら設計事務所の大事な仕事です。

仕上がり乞うご期待です!!

コメントは受け付けていません。