高槻のオフィス -断熱工事-

龍川です。

高槻のオフィスの現場が進んでおります。

現場では床のデッキコンクリートの打設、折板屋根、断熱工事の一部が完了していました。

今回、特に配慮したのは「断熱材」です。

高槻のオフィスは3F部分はオーナーの住居になるため、オフィスとはいえある程度の断熱性が求められます。

ただ鉄骨造は構造体自体が鉄のため、断熱にはとても気を使います。

どうしても構造体である鉄を伝って、熱が伝わってしまうからです。

1階がピロティのため2階の床下と屋根裏には「吹付断熱」を行いました。

また外壁に面する、柱と梁部分にも外壁施工前にスタイロフォームを施工してもらっています。

屋根裏と外壁内側にはグラスウールを充填します。

梁と柱に関しては普段はここまでやりませんが、ここまでやって少しでも断熱性があがればという感じです。

現場では少しめんどくさい作業ですが、少しでも良い建物になればとの思いを込めて現場を進めて頂ければと思います!どうぞよろしくお願い致します!

コメントは受け付けていません。