泉大津の家 着工

こんにちは、宮田です。
泉大津の家が着工しました。

敷地の地盤調査の結果は良好だったので、
地盤改良なしで掘削工事にはいります。


基礎の掘削作業です。

現場監督さん、この暑さなので熱中症に気をつけて工事すすめて下さい。

上芳養のコートハウス -着工-

龍川です。

本日、上芳養のコートハウスの現場に行ってきました。

現場は基礎配筋工事が順調に進んでいます。

平屋なので、やっぱり上から見ると基礎の面積は大きいです。

施工面積が大きいので、一般的な住宅の基礎よりも少し費用は高くつきますが、やっぱり過ごし易く、一般住宅では味わえない平面的な広がりを持った贅沢な空間になりそうです!

ふと現場を確認すると・・・?

謎の配管を発見です。

んんんん!?水道管かと思い、近くの水栓をひねっても配管に変化無し。

現場であれこれと確認し、配管が母屋からの敷地南側の倉庫に引っ張ってる電気の配線用配管だとわかりました。

現場に行くと大なり小なり何かしらの問題が発生するものです。

今回は特に大きな問題ではなく、配線を移設し、基礎をかわしてもらうように、現場監督さんにお願いしました。

こちらはクライアント工事となる石塀の石の写真です。

大きく迫力のある石塀になりそうです!!

次回、現場に行く時には完成しているかと思いますので、乞うご期待です!

泉ヶ丘の家 〜着工〜

龍川です。

最近になってようやく残暑も和らぎ、暑がりの私にとっては、涼しさを感じるとても過ごしやすい日々です。

さて、10月に入り「泉ヶ丘の家(仮)」が着工を迎えています。

泉ヶ丘の閑静な住宅街に、ご夫婦と2人の娘さんの木造2階建ての家の計画になります。

外観は2段の大きな切妻屋根と木製ルーバー塀が特徴の建物です。

外壁は落ち着いた色合いの「ジュラク」の塗装仕上げとしています。

インテリアには木の質感を見せつつも、すっきりとしたシンプルな色合いにまとめています。

ダイニング部分は天井が高くなっており、梁表しがインテリアのポイントになっています。
また床部分は小上がりの置き畳敷きになっており、畳の下には十分な収納を確保しています。

LDKの南側には、隣地の親御さんの家との間に南の光が降り注ぐ、明るい中庭を設けています。

2月いっぱい竣工に向けて、引き続き、気を引き締めて現場監理を行いたいと思います。