今里のガレージオフィス 配筋チェック・鉄骨検査

杉本です。
すっかり春めいてきました。春は始まりの季節。
シンクスタジオの新しい現場もスタートしています。

昨日、今里のガレージオフィスの配筋チェック・鉄骨検査に行ってきました。
午前中は配筋検査。
難しい箇所も問題なく綺麗に組み上がっています。

昼からは鉄骨の工場にお邪魔して、鉄骨製品検査と各種打合せ。
構造的、法的にも今回の工事監理の最重要ポイントです。

工事着工から、鉄骨工事会社と図面のやりとりをしていて、きちっとした仕事をする会社であることはわかっていました。
書類内容の確認、会議内容ともに非の打ち所がありません。
鉄骨製品も精度良く仕上がっており、工場長とお話しさせていただいても、鉄骨の仕事に愛情と誇りをお持ちなことが伝わってきます。
一事が万事、こういうプロ意識の高い工事業者の方は工事も安心してお任せできます。

次回の現場での鉄骨の建て方が楽しみです。

松原の家 配筋検査

こんにちは、井上です。

大阪は雨が降りきらないジメッとした天気が続いていますね。

雨があまり降らないので、現場は滞りなく順調に進んでいます。
松原の家は配筋検査が無事終わり、先日立上りの打設を行いました。

配筋検査は、かぶり厚・継手の定着長さ・配筋のピッチ等を確認します。

基礎スラブ打設後、立上りの打設を行います。
ここでは、アンカーボルトの位置等を確認します。

建物で足下は構造上とても重要な部分なので、より丁寧に現場監理を行う必要があると感じます。

今月中旬には、上棟も控え建物のボリュームが現れます。
まだ外郭に囲われていない構造体のみの姿は、とても綺麗なので是非とも快晴のもと、上棟式を執り行いたいものです。

夏本番に向け、気温も上昇し続けています。
年末の竣工に向け、体調に気をつけ夏を乗り切りたいと思います!

岩出の平屋 -基礎配筋-

龍川です。

先日、岩出の平屋の配筋チェックのため現場に行ってきました。

少し小雨が降り、寒い中ですが業者さんが作業中です。

建物のサイズや部屋の広さ、中庭の感じがおおよそ分かります。

中庭を介して、ひと繋がりに部屋が見えると、とても大きい空間です。

基礎が終わり、上棟式を迎える3月頃には梅の花が咲いている頃でしょうか。楽しみです。立ち基礎の立ち上がりやベースの配筋のチェックも終わり、配管スリーブ等も問題ありません。

いよいよ来週はコンクリート打設です!