模型の大切さ

杉本です。

関西はほとんど雨が降ってない状況で梅雨入り、そしてまた降らずに梅雨明けとなりました。今年は記憶にないくらい雨の降らない梅雨となりましたね。
カラ梅雨が明けて更にピーカンの常夏。6月でこの気温は先が思いやられますね。。。

さて、本日は前回お話に上げた模型の話を少し。

シンクスタジオでは建物を計画していく上で、模型を大切な検討手段としています。

プランを作る前に、まずは敷地周辺建物まで作り込んだ1/100の縮尺の周辺模型を作ります。敷地の状況をまずは机の上に再現するイメージです。

初めから面白いプランではなくて、まずは要望を満たしたなんの変哲もないオーソドックスなプランを作ります。これがまずは建物の規模感を掴むための作業です。

周辺状況と建物サイズ感を掴んだ上で、ここからが本番。
あーでもないこーでもないとプランをいくつも練っていきます。それぞれにボリューム模型を作って、その案の良いところ悪いところを出し切ります。

1軒の住宅でもこの作業を初期の段階で徹底的に数を出します。
それによって、初めからこれが答えだろうなという案以外の可能性を検討することで、その敷地の持っている本当のポテンシャルが見えてくるという訳です。

答えがなんとなくわかっていても、それ以外のプランを作ってみるというのがミソです。

施主に見せることのない没案をいくつ作れるか。
地味で大変な作業ですが、これをするとしないとでは最終の案の強さが変わってきます。

そのためにこの模型作業というのが最も大切な検討ツールになります。
住人の目線で建物を検討するのはもちろん、前面道路の目線の高さに合わせて通りを歩く人の目線で、時には隣の家の人の目線、はたまた向かいの建物からの目線で。

これを行う上で最も適したツールが模型なのです。

2次元ではなくあくまで3次元で物事を考える。
これと決めつけずに、他の可能性も考えてみる。

クライアントにお見せするのは、これを乗り越えてきた案のみ。

没案は誰にもお見せすることはありませんが、ここをきっちりやることが「設計だけ」を本職とする私たちの職能であると考えます。
良い案に出会うために沢山の没模型を作ること。もっとも手間がかかるけれども一番早道の方法なのです。

清太朗卒業おめでとう!

杉本です。
長い冬も終わりを告げ、春はもうすぐですね。

春は出会いと別れの季節。
先日、長男の清太朗が小学校を卒業しました。

妹と兄弟二人での最後の登校風景。

子を持つ親なら皆通る道ですが、成長がうれしくもあり、
ちょっぴり悲しくもある、なんとも言えない気持ちになりますね。

S__47718440

S__47718445

S__47718449

4月からは私の母校である中学校に通います。
新しい友達をたくさん作って、そろそろバレンタインデーにチョコくらいもらって来てください笑
君には輝かしい未来が待ってるぞ!

2021年 年末のご挨拶

杉本です。
2021年もあと少しを残すのみとなりました。
例年どおり大掃除の合間に、この年末のご挨拶を書いています。

今年のシンクスタジオの一番ニュースとしては、世界最大規模の国際デザイン賞 A’ Design Awardで、「新庄のスクエアコートハウス」がシルバーアワードを受賞しました。
今年は表彰状を二枚取るという目標を有言実行することができました。


真面目に仕事をした結果を対外的な評価を頂けることは励みになります。
今後も機会をみて、国内外のコンテストの応募は続けていきたいと思います。

世情としては、コロナ禍が続く中、物価の上昇と世界的な半導体不足により、建設業界も暗い話題が多いです。
どのクライアントも金額調整で苦労されていて、普段よりも設計と監理にかかる時間も増えています。

が、下を向いてばかりでは明るい未来はやってきません。
シンクスタジオは今まで通り真面目に実直に仕事を進めながら、
竣工物件の動画撮影や新しいことにもトライしていきたいと思います。
忙しくて手がつけられなかったホームページも一新する予定です。
パソコン環境やCAD環境も新しく入れ替えました。
そう考えると、シンクスタジオの新しい一面をお見せできる2022年は明るいことばかりです!

2021年もシンクスタジオを育ててくれた全てのクライアントに、心からの愛と感謝を込めて!!!来年もシンクスタジオをどうぞよろしくお願い致します。

シンクスタジオ代表 杉本清史
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクスタジオ年末年始休業日のお知らせ
2021年12月29日(水)〜 2022年1月5日(水)まで
年末年始の休業期間とさせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

燃えるシンクスタジオ!!!

杉本です。
いま計画しているとある住宅の物件で、遠藤照明さんのご協力を得て、新しい照明を採用計画中。少しご紹介したいと思います。

~遠藤照明 synca ~

今までの市販の人工照明にはなかった、自然の光に近い色温度を表現できます。

店舗や施設では既に一部導入されていましたが、住宅での試みは新しい可能性を感じます。

実験的にシンクスタジオ事務所にもsyncaを入れていただき、クライアントへの説明の為、自分たちで使ってみて使い勝手やメリットデメリットなどを体感して、次からの照明計画につなげられたらと思います。

この動画はちょっと事務所で遊んでみた動画です。淀川の花火大会の時など、パーティー仕様でも面白いかもしれません。事務所前を通った時にシンクスタジオが真っ赤に燃えるような色をしていたら、それは仕事の追い込みの時なのでそっとしておいてください笑

2021年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

シンクスタジオは本日より業務開始です。
今年のシンクスタジオ年賀状です。


集合写真を場当たりに撮るつもりが、ポーズがなにもないのも愛想がないだろうと、
即興で話し合ってなぜか今年は奇妙なポージングで撮影しています笑
私にとって事務所は家族なので、Lの一族ならぬSの一族ということで。。。
携帯で見ながらそれっぽくやったつもりですが、本物と比べるとポーズも随分違います笑

なにをかくそう私4度目の丑年年男です。
一つ前の年男の時は、自邸と事務所を建てること、自分のことに精一杯でした。

今年の抱負としましては。。。自分の廻りを幸せにする。
設計で社会を変えてやろうとまでは思いませんが、クライアント、友人、仕事仲間、家族、自分の廻りにいる顔が見える人たちを、精一杯幸せにすることが今の私の信念です。

今年も一つ一つのお仕事を、クライアント以上に楽しんでやろうと思っています。
本年もシンクスタジオをどうぞよろしくお願い致します。

シンクスタジオ代表 杉本清史