海老江の家オープンハウス・引き渡し

杉本です。
8月6日、7日の海老江の家オープンハウス、猛暑の中無事終えることが出来ました。ご新規のお問合せの方以外にも、シンクスタジオで過去に設計させて頂いたクライアントの皆様にも沢山きていただけて楽しい時間を過ごせました。

お互いの近況の報告やご家族のことなど、久しぶりに皆様のお元気そうなお顔をみることが出来て、終始笑いに溢れた幸せな時間になりました。

クライアントの皆様同士でのコミュニケーションも自然に発生し、〇〇邸のこの部分を参考にさせてもらいましたや、〇〇さんのオープンハウス見せていただきました!などなんだか数珠つながりみたいになっていて、なんとも面白いつながりだなーと一人感心しきり。

同じ設計者ですので、やはりお互いの家に似ているところがあるようで自分の家のように親近感を覚えるそうです笑
15年前に建てた方と、最近完成したばかりのクライアントがお互いの家に共通点を見つけて楽しく会話してくださるのをみて、設計した家をみなさん愛してくれているのだなと胸が熱くなりました(^-^;

日を改めて昨日10日に引き渡しを終えることができました。なんとか月末の淀川花火大会までにお引き渡しするという目標を守れてホッとしています。引き渡しは終わりましたが、これからが本当のお付き合いです。

9月ごろ竣工写真撮影の予定です。どのように住みこなされるか、これからもシンクスタジオ一同、海老江の家を見守っていきたいと思います。

海老江の家 〜オープンハウスのご案内〜

杉本です。本日はオープンハウスのお知らせです。
かねてよりシンクスタジオが大阪市福島区で設計監理を行っていた「海老江の家」が無事完成を迎えます。 つきましては、クライアントのご厚意により、オープンハウスをさせて頂くことになりました。

コロナ禍での新しい家づくり、職住一体となった併用住宅です。
新しい働きかた、これからの家づくりにご興味ある方に是非ご参加いただきたいです。

シンクスタジオと同じような淀川にほど近い敷地です。
屋上のテラスからは十三の対岸まで淀川の景色が一望できます。

四人家族の家ですが、ご夫婦の仕事場を含む住宅の為、少し大きめのお家(延床面積52坪)になっています。

ほかにも見どころはビルトインガレージやインナーテラスと一体になったLDKなど。
2階のインナーテラスには水盤があり、トップライトとペントハウスの上部から落ちる光が半屋外のように感じるスペースです。

《見所》
◆ビルトインガレージ
◆水盤のあるインナーテラス
◆花火の見える屋上BBQテラス
◆30畳のLDK +12畳のインナーテラスの大きな一体空間
◆リビングシアター
◆職住一体の家
◆便利な家事動線・大量の収納計画
◆照明計画
etc…..
見所満載ですね笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2022年8月6日(土)8月7日(日)10:00~18:00 の2日間開催します。
今回のオープンハウスは申し込み制とさせて頂きます。
◼︎日時
8月6日(土) 10:00-18:00 8月7日(日) 10:00-18:00
◼︎場所 大阪市福島区海老江
▫︎完全予約制
お手数ではございますが、参加ご希望の方は
①代表者 氏名
②代表者 住所
③連絡先電話番号
④連絡先メールアドレス
⑤希望参加日時
⑥参加人数
をご記入の上、下記までお問い合わせ下さい。
詳しい資料を送付致します。

シンクスタジオの問い合わせフォーム 
もしくは office@syncstudio.jp にお申し込み下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。

一級建築士事務所シンクスタジオ 杉本清史

海老江の家 -軒裏工事-

杉本です。
気づけば六月も中盤。大阪もそろそろ梅雨入りでしょうか。。。

海老江の家は順調に外壁の工事が終わり、足場も取れて次は内部の仕上げ工事が始まります。外壁はガルバリウム鋼板の一文字張り。
高さを三種類使い分けして、凝った表現にしています。

なかなか迫力あるボリュームになりました。
軒裏のレッドシダーもいい感じに仕上がってきました。
建物内部までレッドシダー仕上げが続いていきます。

仕上げ工事を進めると同時に、内部ではついにインナーテラスの水盤の工事が始まります。
水盤は設計者・施工者が時間をかけて知恵を出し合って進めてきた工事ですので、今から出来上がりが楽しみです!

海老江の家 -外壁工事-

龍川です。「海老江の家」の現場監理に行ってまいりましたのでご報告。

現場は外壁の塗装工事が進んでいます。

こちらはサイディング外壁塗装の写真です。

「ゆず肌仕上げ N-20」という仕上げにしています。

黒色の塗装と言っても、いろんな黒色があるので、今回は日本塗料工業会というところで、統一されている色品番で「N-30」という「黒色」を選択しています。

N-0に近づくほど真っ黒になっていきます。

金属板の「黒色」やアルミサッシの「黒色」と比較して、塗装サンプルで「N-20~40」と塗装の仕上げ方も様々ある中から、こちらを選択しています。

普段よく使う黒色より濃い目の黒色だったのですが、なかなか真っ黒でかっこいいですね。

こちらはトップライト部分の納まりです。

元々は1枚の板金板で葺く平葺きで考えていたのですが、どうしても大きいサイズになるとたわみが出てきれいに見えないという、板金屋さんのアドバイスを頂き、前面の一文字葺きと同じような横葺きで、トップライト周りの少しややこしい三角形の部分を納めてもらいました。

こちらは内部のLDKの写真です。

初めて見たのですが、大工さんが一人で天井の石膏ボード張りができるリフトアップの機械で作業していました。とっても作業しやすそうで、下地造作も順調です。

こちらは少しわかりにくいですが、インナーテラスの水盤下地です。

万が一を想定して、2重防水で先にFRP防水を施しています。

水盤上部にトップライトを設けているので、水盤の光が反射してゆらゆか影が映る素敵な空間になる予定です。

建物が大きいだけに長かった下地工事もようやくゴールが見えてきました。

来月からは仕上げ工事が少しづつ始まるので、より気を引き締めて現場監理を頑張っていきたいと思います。

海老江の家  -板金工事- 

龍川です。「海老江の家」の現場監理に行ってまいりましたのでご報告。

現在現場は板金工事進んでいます。

こちらは外壁の一文字葺きの写真です。

巾約90cm×高さ18cmと25.5cmの板金の板を交互に30cmづつずらして階段貼りして施工しています。

コーナー部分は役物を使わずに曲げ込んで納めてもらっているのでスッキリした見た目です。

こちらは屋根の「たてハゼ葺き」です。

道路側の屋根は外壁の一文字葺きの色と合わせて「ブラック色」の板金で施工しています。

それ以外の道路側からあまり見えない大屋根部分は熱反射率の高い「シルバー色」の板金として、デザイン性と機能性で色を使い分けています。

軒先部分は「つかみこみ納まり」という、ハゼ部分が見えないように、曲げこんでいるのが特徴です。少し手間がかかりますが、屋根がすっきりした印象になります。

こちらはサイディング下地の様子です。下地は通気性のいい縦胴縁として、巾約3m×高さm45cmのサイディングを横貼りにします。大阪市内らしい隣地との隙間ですが、まだ広い方なのでなんとか作業できそうです。

こちらはインナーガレージです。雨にぬれずに玄関に直接アクセスできるので、小さいお子さんのいるご家族には大変便利な空間です。

こちらはインナーテラスの写真です。

写真左側はペントハウスになっており、鉄骨の稲妻階段が設置してあります。ペントハウスの大きな2つの引き違い窓から光が入り込みます。

また写真右側はトップライトが4つ入り、その下に水盤を設置予定です。

まだ養生のブルーシートで覆われていますが、これからどんな風に光が入ってくるのか楽しみな空間で、乞うご期待です。