Blog

五月丘の家 内部造作工事

龍川です。

五月丘の家もいよいよ内部造作工事が本格的に進んでいます。

たくさんの図面のやり取りや打合せを繰り返し、細かな納まりを決めていきます。

今回は2FのLDKにあるトップライトの開口サイズを検討。

もちろん図面や3Dパースを作って確認していますが、それでも現場で実際に見て決めることは大事ですね。

いつもの工務店さんなので、監督と棟梁に「図面で見るより実際に見るとちょっと大きいように感じるから現場で一旦下地組んでみたから見てよ」と声をかけてもらいました。

こういう現場の声って実際ありがたいです。

図面通り作ったからいいだろではなく、作り手としての考えを言ってもらえるとよりいい建物になりますよね。

現場確認の末、全体バランスを考慮して開口サイズを少し小さく変更させてもらいました。

その後、建具屋さんとも現場で打合せ。

またまた細かな納まりの宿題ができましたが、この積み重ねがより良い建物になっていくためには肝心です。

トップへ戻る