庫裏の改修工事

杉本です。
いつの間にか夏もすっかり終わり、秋の気配を感じるようになってきました。
子供達も夏休み中は事務所で勉強したり絵を描いたりと、にぎやかな設計事務所でしたが9月に入ってやっと落ち着いてきました(^-^;

5月から門真市でお寺の改修工事の計画を進めています。
順調に進んで工事一歩手前までたどり着きました。
庫裏部分の全体の改修なので、防湿や構造補強を含めた性能を上げるのと同時に、お寺の意匠に合わせた落ち着いたデザインを取り入れています。

また工事が進んだらご報告させて頂きます!

福島のリノベーション

安宅です。

現在、大阪市内の住宅リノベーション物件を担当しています。

プランも固まり、実施図面を進めています。

まだまだ決める事はたくさんありますが、打ち合わせを重ね、

お施主様のこだわりの詰まった良い物になるようがんばります。

解体前

解体後

骨を整えてくれます。

南野です。

整骨院のプロジェクトが終わりを迎え、すでに開業しています!

ですので、ここで少しご紹介。

元、理髪店だった場所を整骨院として改修し、

工事が始まり3日目には床フロアが敷かれ始め、

その2週間後には、ほぼ完成してきています。

 

 

進み具合にすごいなあと感心させられます。

そして、そのほぼ2週間後にオープン!速いものです。

オープン後撮影にいかせていただきました。

ファサード部分。

気さくな医院長さんいわく飛込みのお客さんも多いそうです。

内観。

木質が溢れ、施術スペースはもちろんカーテンで仕切られます。

お子様スペースもあります。

 

前面道路を通った方はご存知かもしれません。

よかったら、中をのぞいてみてくださいね。

骨を整えてくれます。

楽しいお風呂

亜希です。
先日、SWITCHに遊びに行ってきました。

あいにくの雨でしたが、しんたろうとゆいは3歳年上のお兄ちゃんと遊べて
大はしゃぎ!
そして、散々遊んだ挙句に言った言葉が
「お風呂に入りたい!」・・・(;゜0゜)
うちの子供たちなぜかSWITCHに行くとお風呂に入りたがるのです。
どうしても・・・と入った写真がこちら。

そういえば、うちに遊びに来たしんたろうとゆいのお友達もうちのお風呂に入りたがります。
シンクスタジオ設計のお風呂は「入りたい!」と思わせる魅力があるということにしておこうかな?(笑)

現場調査-第二弾-

少し遅くなりましたが、みなさまあけましておめでとうございます。

龍川です。

年も明けて、あけぼののリノベーション計画も本格的にプランをつめていく段階になっています。

そこで現地調査-第二弾-に行ってきました。

前回の現地調査では前の住人の方がまだいらっしゃったので、

今回は前回見れなかった床下や天井懐、屋根裏まで調査して行きたいと思います。

室内は前回よりも物がなくなっており、改めて広々とした印象です。

大工さんにも来て頂き、前回見えなかった部分を確認して行きます。

まずは建物で重要な基礎部分です。畳をめくり床下に潜って確認です。

まだ築10年ということもあり、特に目立ったひび割れや欠けなどもなく、とても綺麗な状態でした。

また今回、現況図面には基礎図面や構造図が無かった為、図面をおこす作業が必要です。

実際に自分で床下に潜り、約50センチ程度の床下スペースを這いつくばって、写真を撮っては図面に記入を繰り返し、基礎の位置を確認していく作業はなかなか大変な作業でした。

当然、元小料理屋さんということもあり、這いつくばる私の横目には昆虫達が・・・(笑)

気を取り直し続いて、1階天井裏です。

基礎同様、梁もまだまだ綺麗な状態です。

1階は客間である広間や厨房といった大きな部屋があるので、

一般的な住宅より大きな梁が通っているなという印象です。

最後に2階屋根裏です。

大きな切妻屋根で勾配が5/10寸とあるので、屋根裏スペースはとても広々した印象です。

今回のプランでは2階のアトリエやダイニングスペースでは開放感を出す為に、この屋根裏スペースを一部吹抜けにして、梁や束を一部表しにしたいなと考えています。

さて今回の調査で見えなかった部分を確認することができました。

この結果を踏え、まずは現況図面をおこし、今のプランで不具合は無いかを確認していく作業になります。

このあたりが新築には無い、リノベーションの難しさでもあり面白さですね。

乞うご期待です。