吹田の家 建方

木野です。

先日、吹田の家の建方を見に行きました。
ようやく空間が立体的に立ち上がってきて、
北側の景色の抜け感も改めて再確認することができました。

風に当たりながらくつろいでるお施主さんの姿を想像して、
笑顔が溢れてしまうぐらい、完成を思うとすごくワクワクしました。

上棟式 〜新宮佐野の家〜

杉本です。
新宮佐野の家が梅雨入り前に無事上棟を迎えることが出来ました。

南紀地方に通い始めて、もう10年近くになりますが、やはり雨については大阪の雨とは、雨量・頻度・降り方もまったく違うので、より慎重に設計することになります。
今回も新宮ではリクエストされることの多い、屋根付きの駐車場を計画しています。

佐野の家は敷地は敷地は100坪ほど。ただ敷地の間口が24mもあるため、横幅を旨く活かしたプランにしています。(横幅が広過ぎてうまく写真に納まりきりません笑)


室内空間としての二つの四角のボリュームと、車二台分の駐車場部分の、翼を広げたような立体構成が特徴です。クライアントご夫妻も、初めて見る自分達の家の骨組みの立派さに驚いてらっしゃいました。


御幣の写真。

棟梁とは何度もお仕事ご一緒させて頂いているので阿吽の呼吸です。
無事に上棟式を終え、ここから工事は一気にスピードアップしていきます。

餅まき 〜みなべの家上棟式〜

杉本です。
先日、みなべの家が無事上棟を迎える事ができました。
大阪ではなかなかお見かけする機会のない餅まき。
みなべの家の敷地がある和歌山県日高郡は、和歌山の中でも特に餅まきが盛んです。

クライアント一家はこの上棟に合わせて餅米を田植えするほどの力の入れようです。当日は朝の5時からご近所のかたにお手伝い頂き大餅つき大会(^-^)総数約一万個???の餅まき用の餅を作られたそうです!




私もお手伝いで、竣工まで事故のないよう願いながら景気よく投げさせて頂きました!何度か餅まきは経験がありますが、ここまで沢山の餅やお菓子を投げたのは初めてです。集まって下さったご近所さんご親戚にはずかしくないよう立派な家にしていきます!


上棟式

こんにちは、宮田です。

先日、泉大津の家で上棟式が行われました。

9月の台風21号の影響で、工務店さんの日程調整が難しく、
現場での作業を考慮して、棟上げと上棟式は別の日に行いました。

この日は晴天に恵まれて、屋根の下地となる、
野地板、ルーフィングの作業も順調に終えていきました。



四方を清めて、御幣を飾り、手締めで終えました。

設計事務所にまで仕出し弁当を用意していただきましたので、
帰ってからおいしくいただきました。

台風直後に配筋検査で現場に行った時より
道路や信号は復旧してましたが、
看板や建物の修復はまだまだ、
これからといった感じです。

どの現場も人手不足と聞きますが、
工務店さんよろしくお願いします。

餅まき!!!

杉本です。
先日、上芳養のコートハウスで餅まきを行いました!
私、この歳まで設計の仕事をしていますが、これで三度目の餅まき。
ご近所のかた、ご親戚のかたにお声がけして行いました。



足場にもちまき用のステージを組んで頂いて、工事関係者でお菓子やパン、餅などを景気よく投げさせて頂きました!
大人も子供もおおはしゃぎで、撒いたお餅をかき集めてくださいました。





おちびちゃんも袋一杯にお菓子を詰め込んで満足して頂けたと思います。
餅まきは、建築主が地域の皆さんに家づくりを祝っていただく喜びの風習。
こういった風習はこれからも残して行きたいものですね。