岩出の平屋 1/50模型

龍川です。

今年も気づけばあと5日ですね。
シンクスタジオも今日が仕事納めになります。
そして明日は大掃除です。

今年最後に岩出の平屋の1/50模型をお施主さんの家族の方に、年末年始に見て頂けるように製作致しました。

こちらが外観正面になります。
前の小さいボリュームと後ろの大きいボリュームの2つのボリュームの建物構成になっています。
外壁は杉板張りになっており、玄関前のルーバーが外観のアクセントになっています。

大きいボリュームの方には中庭をつくり、建物に光と回遊性を与えています。

こちらが建物上からの写真になります。
写真の上が南側になり、梅林が立ち並んでいます。
LDKからは梅林を眺められるようになっています。
キッチンはお施主さんご希望の対面カウンター式になっています。

こちらが建物南側からの写真になります。
建物東側(写真右側)は和室の3部屋の続間になっています。
仏事の時は大きな一体空間として、来客時には個別のゲストルームとしてフレキシブルな利用ができます。

年明け1月末には工事がスタートします。
来年は今年以上に充実した一年になるようにがんばります。

実施設計

こんにちは、中村です。

和歌山の家の実施設計を進めています。

基本設計の際に作った、縮尺1/50の模型を元に

床や壁の仕上げ、エアコンや照明の位置等を

検討していきます。

こちらは北側から見た内観。

こちらは西側から見た内観。1階のLDKや個室を検討します。

いろいろな角度から機能や使いやすさ、デザインを

考えています(^^)

 

和歌山の家 軸組模型

こんにちは、ミヤタです。

こちらは今、実施設計を進めている
和歌山の家の模型たちです。



一部半地下、スキップフロアの構成になっているので
図面だけではわかりにくいところがあり、構造模型を作って木造の納まりを確認しているところです。

耐力壁を通常の1.5倍増しにして耐震等級を高めています。
内装や設備についても建築主と打ち合わせをしながら必要な実施図面を用意していってます。

タテカタ

こんにちは、宮田です。

豊岡の家の軸組模型を作りました。

普段は設計の段階で構造模型を作ることはないのですが、
豊岡の家は積雪を考慮したり、
一部通常より大きなサイズの梁を使ったりするので
検討用に使います。



ただ、変更箇所がいくつか出てきたので、
この模型どうやって触ろうかなと考え中です。

大きな中庭のある家

杉本です。

先日、豊岡の家の打合せを行いました。
三案ご提案させて頂いた中の、最も大きな中庭があるプランを進めて頂けることになりました。



豊岡は夏暑く、冬は寒い気候の厳しい地域です。
気候に対する性能をきっちり設計せねばなりません。
対処方法としては・・・夏は中庭の開口部を開け放って、デッキでBBQ!そしてビール!(^-^)

降雪のある地域ですので、雪の処理もしっかり考えて行かないといけません。
雪と言えば・・・こたつで中庭に降る雪を見ながら、雪見酒!(笑)

難しいことも、楽しく考えて行くのが、シンクスタジオの設計手法です。

伸びやかな豊岡らしい家が出来るようにプランニングをさらに頑張ります!