断熱くん

こんにちは、ミヤタです。
11月になってめっきり冷え込んできましたね。

さて、阿倍野の家は足場が外れました。

今回はRC造の塗装仕上げで、断熱塗料を使いました。
(断熱材は内部でも発泡ウレタンの吹付け断熱をしています。)

断熱塗料はその名も「断熱くん」です。
マットな仕上がりです。

内装工事は床タイルを貼り始めています。

LDKはクライアント夫妻の要望で磨きタイルにしました。
光沢感のある床に仕上がってきてます。

急ピッチでいろいろ決めていってます。

監督さん、あとひと月よろしくお願いします。

阿倍野の家・工事経過

こんにちは、ミヤタです。
10月に入り、現場も過ごしやすくなってきました。

阿倍野の家は内装の下地づくりに入っています。
発泡ウレタンの断熱材のおかげでクリーミーな空間になってます。

トップライト周りが青いのは、養生用ブルーシートかと思いきや、
スタイロフォームが透けてたんですね。

屋上の防水工事が終わり(雨に悩まされましたが)、これから外壁も含めた、
断熱塗料の吹付けにはいります。

まだまだいろんな工事があるので、監督さんよろしくお願いします。

配筋チェック

こんにちは、ミヤタです。

阿倍野の家の配筋チェックに行ってきました。

今のところ晴れの日、雨の日の

タイミングが工程と合っていて順調に進んでいます。

三階床スラブの配筋です。

構造事務所から担当の小林さんが

各階ごとにチェックに来てくれています。

 

この床の下の階、二階はこんな状況です。

一階は型枠が外れました。

コンクリートの打上がりも

構造担当者と確認して、OKをもらいました。

梅雨本番、日程調整が大変かと思いますが、

現場監督さんよろしくお願いします。

埋蔵文化財本調査

杉本です。
先日阿倍野の家、埋蔵文化財の本調査がありました。
工事は三日間にわたり、最終日には四角に綺麗な穴が掘削されました。



結果は奈良時代の遺構はまったく出ず、試掘調査の結果からヒヤヒヤさせられましたが、
問題なく工事を進められることになりました。
青銅色の粘土層の地質を写真に納め、無事工事終了です。



何事もなく良かった良かった。

実施設計UP!

杉本です。
(仮称)阿倍野の家の実施設計が完了し、本日現場説明を終えました。
RCの住宅は木造に比べると、気を使う部分が多く設計にも時間を費やしました。

頑張って書いた図面をもとに、いくらぐらいの金額が出てくるか・・・緊張しますね(^-^)
来年の見積りアップが楽しみです。

年の瀬まで後少し、良いお正月を迎えられるように、後一仕事頑張りましょう!!!