当たっちゃいました。

先日、(仮称)阿倍野の家の文化財試掘調査がありました。
この地域は奈良時代に阿倍寺があった地域なので、工事前に
試掘試験を受けないと工事が着工できません。






試掘の様子。
担当の学芸員さん、ちょっと深く入り過ぎではないでしょうか・・・。

結果は・・・土器のかけらが三つと
底盤の地層に溝らしきものがありました・・・。
なんとびっくり本格調査決定です(T人T)

クライアントに報告するのが気が重かったのですが、
「仕方がないですねハッハッハー」とカラッと言って頂けて胸を撫で下ろしました。
由緒正しい敷地を持っているんだと明るく考えるしかありませんね。

皆様も土地を購入の際は、文化財の指定地域にご注意を!

ボーリング地質調査

杉本です。
先日、阿倍野の家のボーリング地質調査試験を行いました。



結果が出るのは後日。基礎にお金がかからないように、良い結果を願うばかりです。



隣のマンションの4階までのぼると、このような風景になります。
都市部での限られた空をどのように室内に取り込むか。
設計の力の見せ所です。

断面パース

杉本です。

週末、(仮称)阿倍野の家の打合せを行いました。
今まで、ABCと三案提出させて頂いたうちの二つを合わせたようなプランです。

パースを提出させて頂いたうちの一枚をアップしてみます。


シンクスタジオにはめずらしい断面パースです。
なかなかカッコイイでしょう(^-^)
ウルトラセブン(古い?)のような断面です。

気に入って頂けたようで設計者としても一安心。
良かった良かった。

阿倍野の家の1stプレゼン

杉本です。

先日、(仮称)阿倍野の家の1stプレゼンを行いました。
敷地は阿倍野に新しく出来たキューズモールやアンド、フープなども近く
都市型の生活を営むにはもってこいの場所です。


便利な場所なので、当然地価は目が飛び出る程高いので土地のサイズは18坪の狭小地。
商業地域で周辺も建て込んでいる為、光の取り入れ方を徹底的に検討しました。



石膏彫刻のような外観の家や・・・



半地下スキップの家・・・



NYのsohoのような(イメージです(笑)らせん階段の家・・・

クライアント夫妻とは土地探しからご一緒させて頂いているので、どのような建物が
好きかもよくわかっているのですが、あえて違う案も出させて頂きました。
違うパターンを出すことで、敷地の特性が見えてきます。

楽しい家が出来そうで、最終的にどのような家になるのか
設計者としても今から非常に楽しみです。

阿倍野の家スタート

杉本です。

すっかり春ですねー。シンクスタジオ事務所も過ごしやすくなってきました。
先日、春先にふさわしい嬉しい出来事がありました。



昨年より、大阪市内で土地探しからご相談頂いていたクライアントの土地が
見つかり、敷地調査をさせて頂きました。
場所は阿倍野区松崎町。久しぶりの大阪市内のお仕事です。
敷地には問題も無く、仮契約を済ませ、後は本契約を待つのみ。
なかなか見つからなかった分、自分のことのように嬉しい出来事です。

私も自邸を建てるにあたって、一年ほど土地探しに明け暮れました。
土地がなかなか見つからない不安と、苦労して見つかった時の喜びが
身にしみてわかります。Nご夫妻本当によかったですねー。

しかし家作りはこれからが本番。
クライアントとシンクスタジオ、二人三脚で良い家を創っていければと思います。
シンクスタジオがしっかりリードいたしますのでご心配なく!